みん経トピックス

前の新聞へ
次の新聞へ

ヘッドラインニュース

和歌山・粉河加太線沿いにラーメン店「煮干ガッツ」 煮干しスープと自家製麺を売りに

写真を拡大和歌山・粉河加太線沿いにラーメン店「煮干ガッツ」 煮干しスープと自家製麺を売りに

 和歌山・県道7号粉河加太線沿いにラーメン店「煮干ガッツ(にぼがっつ)」(和歌山市善明寺)がオープンして3カ月がたった。 店主の辻本豊幸さん 全文を読む  和歌山市出身の辻本豊幸さんが店主を務める同店。店舗面積は約10坪、カウンター席と座敷席の計13席。

 辻本さんは「これまでにショットバー経営など20年の飲食業経験がある。友人のラーメン店の開業を手伝ったことがきっかけで、自分も開業を決心した。今度はその友人に協力してもらい独自のラーメンを開発した。特徴を出すために煮干しだしを前面に出した」と話す。スープに合わせる麺は店内で製造する。

 メニューは「煮干し中華」(650円)、煮干しと背脂と辛味ダレを効かせた「にぼガッツ」(750円)、煮干オイルが特徴の「まぜそば」(700円)、味玉、白ねぎ、ほうれん草などのトッピング(各100円)。麺の増量(100円)と肉の増量(200円)も可能。不定期で限定メニューも提供し、フェイスブックやツイッターを活用して告知を行う。

 女性客の一人は「魚介系のラーメンが好きなのでやってきた。コクがありつつもあっさりしたスープで女性にもお薦め」と話す。

 辻本さんは「オープンして3カ月たち、近隣の住民や学生などリピートしてくれるお客さんが増えてきたのがうれしい。長く愛される店を目指したい。ぜひ『ガッツ』り味わって」と笑顔を見せる。

 営業時間は、ランチタイム=11時~14時、ディナータイム=17時30分~22時30分。水曜定休。

最新ニュース

さらに読み込む

特集

さらに読み込む

アクセスランキング

さらに読み込む

フォトフラッシュ

さらに読み込む