3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

和歌山駅近くにファーマーズダイニングカフェ「Kitera」-東京に続き2店舗目

プッチーニを持つ料理長の菊野さん

プッチーニを持つ料理長の菊野さん

  • 0

  •  

 和歌山駅近く、けやき大通り沿いに「Farmer's Dining cafe Kitera(きてら)」(和歌山市美園町2)がオープンして約2カ月がたった。座数は1階=19席、2階=18席。

 経営は農作物や種苗、肥料の生産、加工、販売を手掛けるアコモ(有田市)。飲食店経営は、2011年に麻布十番にオープンした「和処きてら」に続く2号店となる。

[広告]

 「東京の店と同じく和歌山産の食材を多く使っている。コンセプトは、新鮮な野菜を安価でたくさん食べられる店。産地が近いため、毎日採れたての野菜を仕入れることができる」と、料理長の菊野さん。

 ディナーメニューは「本日のお魚カルパッチョ」(850円)や「料理長こだわり手作り豆腐」(680円)、「旬野菜のバーニャカウダ」(800円)、「生ハムとトマトのミルフィーユ」(750円)、「熊野牛のビーフシチュー」(1,600円)、「根野菜と牛タンのブラウンソース」(950円)、「旬のフルーツコンポート盛り合わせ」(450円)など。

 ランチメニューは「パスタコース」(1,200円、デザートセット=1,500円、レディースセット=1,200円)や「ライスコース」(900円、デザートセット=1,200円、レディースセット=1,000円)、「日替わりランチ」(850円、デザートセット=1,150円)。デザートセットにはソフトドリンクとデザートが付き、レディースセットは料理の量が少なめでソフトドリンクとデザートが付く。

 アルコールは「キリン・ハートランドビール樽詰生」(480円)や「スノーブロンシュ」(通常=580円、オープン特別価格=500円)、「自家製梅酒きてら」(480円)、ワイン(グラス=380円~、ボトル=1,800円~)、サワー(380円~)、焼酎(グラス=380円、ボトル=3100円~)、カクテル(500円均一)など。

 コースメニューは「Aコース」(3,000円)、「Bコース」(5,000円)を用意する。

 菊野さんは「バーニャカウダやグラタン、アニーニョなどが人気。和食をベースに味付けしているのであっさりとして食べやすい。これからの季節はカブやラディッシュなどの野菜がおすすめ」と話す。「お客さまがおいしい料理を食べて笑顔で帰ってくれることが一番うれしい。一人一人に食事を楽しんでもらえる店にしたい」とも。

 営業時間は11時~14時、18時~23時。日曜定休。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home