見る・遊ぶ

田辺工業高生が巨大「モンスターボール」製作 「子どもの知っているもの」に挑戦

「きのくにロボットフェスティバル」でオブジェを展示した生徒たち

「きのくにロボットフェスティバル」でオブジェを展示した生徒たち

  •  
  •  

 和歌山県立田辺工業高等学校(田辺市あけぼの)機械科の生徒たちが製作した「モンスターボール」のオブジェが2月8日・9日、朝来(あっそ)コミュニティーセンター(上富田町朝来)で展示される。

製作の様子

 機械科2年B組の生徒が製作した同オブジェは、「ポケモン」(東京都)のゲーム「ポケットモンスター」に登場するモンスターを捕まえたり、収納したりする道具。担任教員の「子どもたちが知っているものを作ろう」の呼び掛けで製作テーマに選んだという。

[広告]

 オブジェは鋼鉄製で、直径1メートル、重さは台座を含めて約50キロ。0.8ミリの鉄板をパーツに切り分け、板金溶接し、赤と白に塗装して仕上げた。中央の丸い部分はLEDライトで光る。約1カ月の製作期間を経て、文化祭で初めて公開し、昨年12月15日に開かれた「きのくにロボットフェスティバル」や1月の「和歌山県工業部会」などで展示した。

 朝来公民館作品展は、同地区の学童生徒たちの作品や公民館事業の絵画、写真、書道、編み物などを展示。

 機械科長の高井正人さんは「今年は球体だったのでパーツが少なくて作業は早かった。2年生でこれだけできれば上出来。来年も同じメンバーで挑めるので、次回作にも期待したい」と話す。

 展示時間は、8日=9時~17時、9日=9時~15時。入場無料。