3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 見る・遊ぶ

和歌山城近くのワイン店「ビアンコロッソ」が改装 店内で「昼飲み」も

ビアンコロッソオーナーの仙石恭子さん

ビアンコロッソオーナーの仙石恭子さん

  • 0

  •  

 和歌山城近くのワイン専門店「BIANCOROSSO(ビアンコロッソ)」(和歌山市岡山丁、TEL 073-421-8885)が8月11日、リニューアルオープンした。

カップケーキ専門店「CUPS(カップス)」のビアンコロッソオリジナルカップケーキとグラスワイン

 食品商社の仙石が2007年に設立した酒販部直営のワイン専門店。店内には、オーナーの仙石恭子さんがイタリアとスペインで買い付けた約200種類のワインに加え、食材やワイングッズを並べる。

[広告]

 11月に9周年を迎えることから、このタイミングで店内を改装したという。外壁の一部を大きな窓にし、外からもワインやギフトが見えるディスプレーに。これまで事務所として使っていたカウンターをカフェバースペースに変更した。店舗面積は90平方メートル、カウンター席5席、テーブル席4席、テラス席3席。

 店内では、数種類の赤・白のグラスワイン(500円~)を提供する。さらに、店頭で取り扱っているワインを購入して抜栓料(500円)を支払えば、その場で飲むこともできる。このほか、山東のコーヒー豆直売所「The Roasters」のアイスコーヒー(350円)や伊藤農園のミカンジュース(360円)、カクテル「ベルモット」(500円)、ジェラート各種(300円)、カップケーキ専門店「CUPS(カップス)」とコラボしたカップケーキ(450円)、おつまみ各種(400円~)なども。

 仙石さんは「自分自身、昼飲みが好きなので、もっと昼飲み文化を広げたい。和歌山城が近いので、店で軽くひっかけてからワインを買って遊びに行くなど、大人だけが楽しめるぜいたくな休日を味わってもらいたい」と笑顔を見せる。「店内の飲食はイタリア、スペイン、和歌山のものをメインに取りそろえている。今後はお土産になるものも置きたい」とも。

 営業時間は10時~19時。日曜定休。

Stay at Home