和歌経、2016年PV1位はクマ園長「ベニー」 2位は「グリーンソフト」 

今年もまもなく冬眠に入るツキノワグマのベニー

今年もまもなく冬眠に入るツキノワグマのベニー

  • 0

  •  

 和歌山経済新聞の年間PV(ページビュー)ランキング1位に輝いたのは、和歌山公園動物園のクマ園長「ベニー」の冬眠を伝える記事だった。

ヤフートピックスに選ばれたベニーの寝起きの写真

 ベニーは1994年に来園した雌のツキノワグマ。昨年7月の第1回動物園長選挙で同園初の「動物の園長」に当選した。毎年気温が下がる1月から3月下旬まで冬眠に入る。今年は冬眠明けの写真がヤフートピックスを飾り、1位と3位に関連記事がランクインした。2位の「グリーンソフト」は1854(安政元)年創業の「玉林園」が販売する抹茶ソフトクリーム。期間限定販売のコンビニ商品にも関わらず注目を集めた。6位から8位にはラーメン記事3つがランクイン。11位以下にもラーメンサミットの記事が入り、和歌山ラーメンへの関心の高さが伺える。朝ドラ「あさが来た」のロケ地となった「和歌山マリーナシティ」入園無料の記事も話題を集めた。

[広告]

 ランキングは今年1月1日から12月19日までに配信したヘッドラインニュースのPV を集計したもの。上位 10 位のランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。

1. 和歌山公園動物園のクマ園長「ベニー」が冬眠 例年より早めに (1/8)
2. 和歌山・玉林園の「グリーンソフト」がコンビニスイーツに 店長はまだ食べられず (6/24)
3. 和歌山城の動物園で「ベニー」がお目覚め タケノコ食べて元気な姿披露(3/25)
4. 和歌山・西高松に店名も看板もないパン店 若手職人が口コミだけの集客に挑戦(6/10)
5. 和歌山・田辺工業高校の生徒が「パトレイバー」製作 地元警察署へ設置を打診(1/13)

6. 和歌山・かつらぎ町で期間限定「ラーメン倉庫」 開店前に早くも完売(2/12)
7. 和歌山県立体育館近くに「薩摩ラーメン斗天王」 園部「四天王」の味受け継ぐ(6/8)
8. 和歌山・紀の川市のラーメン店「二代目よなきや」、訪問ランナー1000人突破(3/23)
9. 和歌山のミカンケーキ「ノエル・アリダ」 今年はキャラメルショコラ(12/16)
10. 和歌山マリーナシティの欧風遊園地、入園無料に 外国人観光客も対象(3/22)

 このほか20位以内には初開催の「オクトーバーフェスト」や「わかやま夜市」など、今年注目を集めたイベントのニュースがランクインした。

 今年はNHK大河ドラマ「真田丸」のロケ地になった九度山町に「九度山真田ミュージアム」がオープンするなど盛り上がりを見せた。来年は和歌山市で初の公立の小中一貫校が開校するほか、中心市街地では南海和歌山市駅前や伏虎中学校跡地の再開発が本格化し、大きな変動が起こる1年となりそうだ。和歌山経済新聞では来年も県内外の読者に、地域密着で和歌山の今を届けたい。

Stay at Home