天気予報

23

13

みん経トピックス

和歌山に3Dプリンター仏像和歌山・生石高原で山焼き

和歌山のシェアキッチン「プラグ」が書店に 本棚を増設、カフェ営業も

和歌山のシェアキッチン「プラグ」が書店に 本棚を増設、カフェ営業も

本棚を増設した店内

写真を拡大 地図を拡大

 和歌山市のぶらくり丁商店街近くの「シェアキッチン PLUG(プラグ)」が3月8日、カフェ併設の書店「『本』屋 プラグ」(和歌山市万町、TEL 073-488-4775)に業態を変更した。

日替わりランチメニューのキーマカレー

 同店は2014年にキッチン付きシェアスペースとしてオープン。貸し切り利用や、イベント開催を中心に昨年は約150回のイベントは開催し、5000人以上が訪れたという。2016年から少しずつ書籍の販売を始め、週に1回のペースでカフェ営業し本の販売も行ってきた。

 店主の小泉博史さんは「お客さんとして知り合った同年代の三木早也佳さんと一緒に本の販売を始めたところ反響があった。小さな店なので全てのジャンルをそろえることはできないが、今まで出会ったひとり一人のお客さんの顔を思い浮かべながら選書する本のセレクトショップにリニューアルした」と話す。

 本棚を増設し書籍は4倍の約2000冊に増加。営業時間も拡張し週5日で、日中は本の販売とカフェ営業を行い、夜はイベントや貸し切りでの利用に対応する。

 書籍は少部数発行の出版社や自費出版などの「リトルプレス」を取り扱い、大型書店と差別化を図る。古本も販売するが、古本コーナーは設けずテーマごとに新刊と一緒に陳列するほか、中身が見えない福袋形式の販売などを行う。本に関連する手ぬぐいやノートなどの雑貨も取りそろえる。

 共同店主で書籍担当の三木さんは「書店という空間が好き。新しい発見があってワクワクする。イベントやカフェに来て、気づいたら本に触れてもらえる空間にしたい。自分では選ばないジャンルの本と、出合えるきっかけを作りたい」と意気込む。

 カフェメニューは、「きょうのランチ」(単品=700円、セット=900円)、「きょうのスイーツ」(300円~)、コーヒー、紅茶、ティーソーダ、ジンジャーエール(以上400円)、ココア、ゆずティー(500円)など。

 リニューアル記念イベントのゲストとして同店を訪れた「MotionGallery(モーションギャラリー)」社長・大高健志さんはトークイベントの中で「映画のように作品を経験して、共有する場所は大切だと思う。顔の見える『本屋プラグ』は、文化発信の拠点になると思う」と話した。

 営業時間は12時~22時。月曜・火曜日定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング