3密を避けて新しい生活様式へ!

プレスリリース

2020年6月に誕生した赤ちゃんがすくすく成長しています!アカカンガルー、ヒマラヤタール、オニオオハシ、ゴシキセイガイインコ

リリース発行企業:株式会社アワーズ

情報提供:

アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)では、2020年6月に4種類の動物たちの赤ちゃんが誕生いたしました。すくすく成長する赤ちゃんたちを是非あたたかく見守ってください。





(1)アカカンガルー(2頭誕生)
アカカンガルーの赤ちゃんが2頭誕生し、お母さんのおなかの袋の中で成長した赤ちゃんがそれぞれ6月19日(金)と29日(月)に顔を出しました。体長約2cmの大きさで生まれるため、出生時の確認は行わずに見守ってまいりました。袋の外へ顔をのぞかせることも増えてきました。


■誕 生 日 :2020年6月19日(金)、29日(月)
※当パークでは、母親のおなかの袋の中から顔を出したことを確認した日を誕生日としています。
■性  別:不明
■体  重:約 1kg(1頭目 2020年6月30日現在)
■体  長:約30cm(1頭目 2020年6月30日現在)
■公開場所:サファリワールド内 オーストラリア区
 ※7月中旬より公開予定


(2)ヒマラヤタール(12頭誕生)※2020年7月6日現在
サファリワールド内にて5月からヒマラヤタールの赤ちゃんが続々と誕生しています。野生下では崖で暮らしているヒマラヤタール。赤ちゃんたちが仲間に見守られながら崖を元気いっぱい駆け回る姿をご覧いただけます。


■誕 生 日 :2020年5月24日(日)~
■体  重:約 1kg(誕生時)
■体  長:約30cm(誕生時)
■公開場所:サファリワールド内 山岳区
■公開時間:午前10時30分~午後3時00分
■生 息 地 :ヒマラヤ山脈


(3)オニオオハシ(2羽誕生)
ふれあい広場で、オニオオハシの赤ちゃんが6月15日に2羽誕生しました。2016年に初めて繁殖に成功し、5年連続計11羽目の誕生です。大きな嘴が特徴的なオニオオハシですが、誕生から約2か月後、巣箱から顔を出す頃までに、赤ちゃんの嘴も立派に成長します。


■誕 生 日 :2020年6月15日(月)
■分  類:キツツキ目 オオハシ科
■生 息 地 :南アメリカ
■全  長:55~60cm
■体  重:500~850g
■繁  殖:主に春~夏に産卵し、約20日で孵化します。
※親子はバックヤードで過ごしています。 赤ちゃんの成長に伴い順次公開してまいります。


(4)ゴシキセイガイインコ(1羽誕生)
ふれあい広場で、ゴシキセイガイインコの赤ちゃんが6月25日に誕生しました。現在のヒナは薄くて白い羽で覆われていますが、生後2か月の巣立つ頃には大人と同じ色鮮やかな羽に生え変わります。


■誕 生 日 :2020年6月25日(木)
■分  類:オウム目 インコ科
■生 息 地 :オーストラリア
■全  長:約30cm
■体  重:130~150g
■繁  殖:約2年で性成熟します。主に春~夏に産卵し、約35日で孵化します。
※親子はバックヤードで過ごしています。赤ちゃんの成長に伴い順次公開してまいります。

https://prtimes.jp/a/?f=d40302-20200706-3217.pdf

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home