天気予報

13

7

みん経トピックス

和歌山・紀の川で「ぷる博」和歌山で化石採集イベント

和歌山公園動物園マーラ舎の壁画リニューアル 故郷のパタゴニアをイメージ

和歌山公園動物園マーラ舎の壁画リニューアル 故郷のパタゴニアをイメージ

風が吹く方向に伸びる木をイメージして壁画を描く和歌山大学の学生たち

写真を拡大 地図を拡大

 和歌山公園動物園で1月17日、和歌山大学の学生らの協力で昨年11月から行われていたマーラ舎の壁画塗り替え作業が完了した。

マーラと新しくなった壁画

 壁画を塗り直したのは、同大学観光学部で実施する「地域インターンシップ(LIP)」プログラムで同園に関わる学生たち。同プログラムは、和歌山県内および大阪南部の市町村等の協力の下、地域が抱える課題を学生が調査する授業で、本年度は和歌山公園動物園をテーマにしたプロジェクトに11人の学生が参加した。学生たちが動物園のためにできることを自分たちで考え、壁画の塗り替えのほかにも「清掃」「看板」などのグループに分かれ活動した。

 壁画を担当したグループは、園内の動物舎の壁画塗り直しを提案。飼育員と相談し、数年間白いままだったマーラ舎の壁に絵を描くことにしたという。

 グループリーダーの三浦佳穗さんは「野生のマーラが住む、風が強いパタゴニアの木と遺跡をもとにデザインした。ペンキの扱いに苦戦したが、手に付けたペンキで葉を描くなど楽しんで作業できた。壁画と一緒にかわいいマーラもぜひ見てほしい」と話す。

 飼育員の森敏光さんは「白いままで味気なかった壁が色鮮やかになってうれしい。来園者からもきれいになったと好評」と笑顔を見せる。

 開園時間は9時~17時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング