見る・遊ぶ

「眼鏡女子」4人が和歌浦でアート展-水彩画や絵本などを展示

「グループめがね」の4人。左から栗生紗知子さん、児玉夏希さん、中田亜依さん、山崎恵さん

「グループめがね」の4人。左から栗生紗知子さん、児玉夏希さん、中田亜依さん、山崎恵さん

  •  
  •  

 和歌の浦アート・キューブ(和歌山市和歌浦南3、TEL 073-445-1188)で3月21日、グループ展「group exhibition めがね」が始まる。

当日展示される作品の一部。メガネをモチーフにしていない作品もある

 作品は和歌山市在住の女性作家4人によるもの。水彩画や絵本など、およそ30点を展示する。

[広告]

 グループ展を企画した経緯について、代表の児玉夏希さんは「一緒に作品展をしようと声を掛けた仲間がたまたま全員、眼鏡を掛けていた。ならば、テーマも眼鏡にしようと思った」と話す。同展では、最低1人1つずつ、眼鏡をテーマにした作品を持ち寄るという。

 初日の21日は15時からオープニングティーパーティーを開催。来場者には、眼鏡にちなんだ菓子などを振る舞う。

 「見どころは、作者プロフィルに全員が眼鏡歴を記載しているところ(笑)」と児玉さん。「みんな普段の仕事はアートとは無縁。でも、こうして日々の仕事と生活の間に『表現する時間』を持てるのがうれしい」とも。

 開催時間は11時~20時(最終日のみ19時まで)。入場無料。今月24日まで。

  • はてなブックマークに追加