見る・遊ぶ 暮らす・働く

和歌山城で「全肉祭」 魚肉や果肉も、30店ズラリ

客の目の前で炭火でステーキ肉を焼く露店

客の目の前で炭火でステーキ肉を焼く露店

  •  
  •  

 和歌山城砂の丸広場(和歌山市一番丁)で3月17日、肉料理の祭り「全肉祭 ALL MEAT FESTA 」が始まった。主催は「Gi-FACTORY」。

17日に野外ステージに登場した「Sweet&Bitter.」

 初開催の同イベントは、牛肉・豚肉・鶏肉などのほか、シカ肉やシシ肉、魚肉として魚介類、果肉として果物などの食材を集めた。ステーキ、ホルモン焼き、唐揚げ、たこ焼き、いか焼き、果物を使った菓子などさまざまな料理を出す店が約30店並ぶ。

[広告]

 期間中、「最強食肉決定戦」と題したコンテストを開く。客がスマートフォンなどで投票し、畜産・ジビエ、海産、農産、総合の4部門で人気を競う。最終日に野外ステージで結果を発表する。

 17日は好天に恵まれ家族連れなどでにぎわった。野外ステージでは奈良県出身のガールズユニット「NONOandCOCO(ノノアンドココ)」と京都の男性デュオ「Sweet&Bitter.(スイートアンドビター)」が歌声を披露し会場を盛り上げた。

 Gi-FACTORY代表の高橋義一さんは「肉だけのイベントも開かれているが、魚介や果物も加えることで幅広い世代に参加してもらいたい。和歌山は漁業や農業も盛んなので、土地柄に合わせた。今年のサクラの開花予想は20日頃と聞いているので、ぜひ和歌山城に足を運んでほしい」と呼び掛ける。

 和歌山市在住の家族連れの男性は「インターネットでこのイベントを知った。気候もよく、散歩がてらおいしいものが食べられてよかった」と話す。一緒に食事をしていた男児は「ステーキがおいしかった」と笑顔を見せた。

 開催日は、3月21日・24日・25日。開催時間は10時~17時。

  • はてなブックマークに追加