食べる

和歌山駅前に「やみつきステーキ」 焼きたての「サガリ」肉をスピード提供

「気軽にステーキを食べていただきたい」と話す、店長の田村由美子さん

「気軽にステーキを食べていただきたい」と話す、店長の田村由美子さん

  • 115

  •  

 JR和歌山駅近くにステーキ店「やみつきステーキ」(和歌山市美園町5、TEL 073-423-6844)がオープンして3カ月がたった。経営は「晴れの日」(西浜)。

やみつきセットステーキ180グラムBセット付き(980円)

 移転した同社の弁当店跡を改装し、オープンした2階建てのステーキ専門店。席数は1階カウンター10席、2階テーブル10席の計20席。

[広告]

 同店のステーキ肉は牛の横隔膜部位「サガリ」をメインに使う。タマネギマリネに漬け込むことで、うまみと甘みを閉じ込め、サガリの柔らかい肉質をさらに柔らかくしているという。

 焼きたてのステーキをカットし、熱したジンギスカン用の鉄板に載せて提供。「やみつき」「バーベキュー」「うまみ」「さっぱり」の4種類のソースのほか、岩塩、黒コショウ、すりおろしにんにく、しょうが、ニンニクチップなどを用意し、好みの味付けを楽しめる。卓上には小型の鉄板も用意し、客が好みの焼き加減を調整できる。フォークとナイフは用意せず、一口サイズにカットされた肉を箸で食べる。

 店長の田村由美子さんは「注文をいただいてから、3分以内を目標に提供している。ファストフードの感覚で気軽に焼きたてのステーキを楽しんでほしい。安くて、おいしくて、おなかいっぱいで、ご満足いただけることを目指している」と話す。

 フードメニューは、「やみつきセット(ステーキ180グラム)」(980円)、「爆食いセット(ステーキ270グラム)」(1,380円)、「暴れ食いセット(ステーキ360グラム)」(1,680円)、セットメニューにはライス、サラダ、スープ、小鉢が付く。ステーキ単品は、180グラム=800円、270グラム=1,200円、360グラム1,500円。そのほか昼・夜各5食限定の高級バラ肉黒毛和牛ステーキ(単品=1,200円、セット=1,380円)、ローストビーフ丼(単品=800、セット=980円)なども用意する。

 ドリンクメニューは、グラスワイン(赤白各500円)、缶ビール、缶ハイボール、缶チューハイ、黒ウーロン茶(以上350円)、ノンアルコールビール(300円)、ジュース各種(150円)など。

 田村さんは「親子連れから70代の方まで幅広い世代が来店される。一人でも気軽に寄っていただけるようで、女性のリーピーターも多い。『おいしかった』の声がうれしい。お客さまによりよい物を提供できるよう改善を重ねていきたい」と意気込む。

営業時間は11時~15時、17時~21時。

Stay at Home