食べる 見る・遊ぶ

和歌山城天守閣前で夏祭り ライブやビアガーデンも

和歌山城天守閣前でPRする「お天守茶屋」の「町娘」

和歌山城天守閣前でPRする「お天守茶屋」の「町娘」

  •  

 和歌山城(和歌山市一番丁)の天守閣前で7月13日~15日、「お天守(てんす)夏祭り」が開催される。主催は天守閣前売店の「お天守茶屋」(TEL 073-488-7640)。

「ぶらくりきっちん」の太刀魚の天ぷら

 天守閣再建60周年を記念した同祭。和歌山城天守閣を一望できる広場で、特設ビアガーデンやライブなどを行う。今年4月に60年続いた売店を改修しオープンした同店初のイベント。

[広告]

 ライブ出演者は、りら創造芸術高等専修学校出身のミュージシャン・円香さん(13日)、アイルランドや北欧の伝統音楽を奏でるユニット「Aisling(アシュリン)」(14日)、和歌山を本拠に活動するギターとアコーディオンユニット「天の羊」(15日)。

 ビアガーデンのドリンクメニューは、生ビール(500円)、ハイボール(400円)、有田の地ビール(700円)、県産果実のリキュール酒(500円)、マンゴージュース(300円)など。フードメニューは「ぶらくりきっちん」(米屋町)の太刀魚の天ぷら(500円)、「呑多呂(のんたろ)」(葵町)のだし巻き卵、高野山のごま豆腐とトマトのカプレーゼ、布引大根とうめどりの梅ドレッシングサラダ(以上300円)、ソーセージ盛り合わせ(400円)など。浴衣や甲冑(かっちゅう)など和装で来店した人を対象に生ビールかソフトドリンクを1杯無料にする。

 真田ひもでキーホルダーを作る工作ワークショップや、金魚すくいや輪投げなどが楽しめる縁日ブースを用意するほか、天守閣再建60周年にちなみ、満60歳、1960(昭和35)年、昭和60年生まれの人に、和歌山城の別名「伏虎城」にちなんだ虎グッズか紀州手まりグッズを進呈する(各先着20人)。

 同店を運営する「城プロジェクト」代表の川島寛子さんは「和歌山市のシンボルとして和歌山城を盛り上げ、市民にも観光客にも楽しんでもらいたい。少し早い夏祭りだがほかの祭りに先駆けて夏を楽しんでほしい」と話す。

 開催時間は、ビアガーデン=16時~21時、ライブ=18時30分~、19時30分~、20時30分~、縁日=11時~18時30分(14日のみ)、ワークショップ=13時~17時(14日・15日)。