見る・遊ぶ

和歌山城で「桜まつり」 しだれ桜は見頃に、ライトアップで夜桜も

見頃を迎えた一の橋近くのしだれ桜

見頃を迎えた一の橋近くのしだれ桜

  •  
  •  

 「和歌山公園桜まつり」が3月23日、和歌山公園(和歌山市一番丁)で始まった。

天守閣が見える二の丸庭園のサクラ

 和歌山城のある同園の広さは20万4500平方メートル。約600本のソメイヨシノのほか、照葉樹の森やツツジ、アジサイ、モミジなど多くの植物が植えられ、四季折々の変化を楽しめる。

[広告]

 和歌山では25日に和歌山地方気象台が桜の開花を発表。和歌山城内ではソメイヨシノは三分咲き、一の橋近くのしだれ桜は見頃を迎えている。

 桜まつり期間中は日没から22時まで、約100個のぼんぼりと400個のちょうちんで桜をライトアップするほか、屋台を設置し来園者は夜桜を楽しむことができるようにする。

 和歌山城整備企画課の担当者は「三分咲きから四分咲きの木もあれば、まだ開花していない木もある。気候にもよるが、見頃は今週末ごろ。一橋のしだれ桜は少し開花が早いので見頃を迎えている。しだれ桜もライトアップしているので夜も訪れてほしい」と呼び掛ける。

 4月7日まで。

  • はてなブックマークに追加