3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

和歌山・有田川町にジビエミートパイと焼き菓子のテークアウト店「ラトリエナチュラル」

「ナチュラルガーデン」のオーナーシェフ前川和宏さん(左)と「ラトリエナチュラル」店主の壁屋知加子さん

「ナチュラルガーデン」のオーナーシェフ前川和宏さん(左)と「ラトリエナチュラル」店主の壁屋知加子さん

  • 332

  •  

 ジビエのミートパイと菓子のテークアウト専門店「ラトリエナチュラル」(有田川町水尻、TEL 0737-23-7021)が、フランス料理店「ナチュラルガーデン」近くにオープンして2カ月がたった。

豪・老舗ミートパイ店のメニューを参考に開発した「三つ星ジビエミートパイ」

 ラトリエナチュラル店主の壁屋知加子さんは高校卒業後、オーストラリアで海外生活を経験。帰国後は英会話コーディネーターや印刷会社勤務を経て、「広島アンデルセン」(広島県)でウエディングプランナーとして勤務。当時の総料理長・前川和宏さんがふるさとの有田川町に「ナチュラルガーデン」を開業したことをきっかけに和歌山に移住した。店名は「ナチュラルガーデン」とフランス語の「アトリエ」にちなんだ。店舗面積は3坪。

[広告]

 販売商品は、ジビエミートパイ(500円)、三つ星ジビエミートパイ(750円)、同町産のニッキを使ったシナモンロール、クッキー(以上180円)、ブールドネージュ(250円)、マドレーヌ(280円)、メレンゲ(300円)、水を加えずに牛乳と国産小麦と卵で作った食パン「とことん」(800円)など。

 壁屋さんは「ジビエは若者にとっては高級なイメージがあり、地元で捕獲しているがあまり食べる機会がない。ミートパイは、オーストラリアでは身近な料理なので、高齢者が孫と買いに来るように広い世代の人に楽しんでもらえれば」と話す。「三つ星ジビエミートパイはオーストラリアの老舗のミートパイを参考に、ジビエが苦手な人でも食べやすい味付けにした。ハンバーガーのようにかぶりついてほしい」とも。

 営業時間は11時~17時。

Stay at Home