3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

和歌山・有田川町で花さんしょう収穫 高級食材をネット販売で全国へ

花さんしょうを収穫する「きとら農園」新田さん

花さんしょうを収穫する「きとら農園」新田さん

  • 104

  •  

 有田川町清水地域で現在、ブドウサンショウの花の収穫が行われている。

ブドウサンショウの花(花さんしょう)

 ブドウサンショウは、同町遠井地区で自生していたものを天保時代に植え替えたのが発祥とされる品種。ブドウの房のようにたくさんの鮮やかな緑色の実がなる。雄雌異株。同町はサンショウの生産量日本一。

[広告]

 サンショウは収穫する時期により用途が異なる。4月中旬に収穫する花山椒(はなさんしょう)は収穫期間が短く長期保存が難しいことから、流通量は少ない。5月上旬~6月上旬に収穫する実山椒(みざんしょう)は、つくだ煮やちりめんさんしょうに使う。7月上旬から収穫する乾山椒(ひざんしょう)は乾燥させ、粉末にして七味の原料や薬品などに使う。

 東京からUターンし就農した「きとら農園」の新田清信さんは「花さんしょうは高級食材として料亭などで使われるが、一般家庭でも楽しんでほしい。現在、流通しているものは雄花が大半だが、当園ではやわらかな辛味が特徴の雌花も販売するのでぜひ味わってほしい」と話す。「購入者からはしゃぶしゃぶや肉ちらしずしなどに使い好評をいただいている。ミシュラン二つ星を獲得した東京のフレンチレストラン『フロリレージュ』などの名店にも使っていただいている。ぜひ、さまざまな料理を試していただければ」とも。

 同園は、花さんしょうをネットショップで販売している。

Stay at Home