食べる 買う

カルビーが和歌山県産ブドウサンショウ使ったポテトチップス販売へ

ポテトチップス 和歌山の味「ぶどう山椒」味

ポテトチップス 和歌山の味「ぶどう山椒」味

  •  
  •  

 菓子メーカー「カルビー」(東京都)が11月18日、期間限定商品「ポテトチップスぶどう山椒(さんしょう)味」の販売を始めた。

和歌山県庁で行われた記者会見の様子

 同社が2017(平成29)年度から展開する47都道府県の「地元ならではの味」を開発する「ラブジャパン」プロジェクトの商品。2017年度の「はちみつ南高梅」、2018(平成30)年度の「和歌山ラーメン味」に続く第3弾。

[広告]

 味やパッケージは、インターネットで募集した案を基に、県庁でワークショップや試食会を開き、ポテトチップスとの相性の良さから決定した。サンショウは和歌山県が全国収穫量の60パーセントを占める。同商品に使うブドウサンショウは全て県産品を使い、パッケージの裏面にはブドウサンショウのクイズを掲載する。

 同社開発本部の日下里菜さんは「ブドウサンショウの味をシンプルに味わえるよう塩味ベースでサンショウが香る味わいにした。隠し味にはブラックペッパー、オレガノ、タイムなどのスパイスを加え、より深みのある味。ブドウサンショウは香りもよいので、袋を開けたときの香りを楽しんでほしい」と話す。

 和歌山県食品流通課の山崎晃平さんは「サンショウの香りとピリリとした辛さがやみつきになる。ビールのつまみやおやつなど幅広く楽しめる。たくさんの人に和歌山県産ブドウサンショウの魅力が伝わるとうれしい」と話す。

 価格は55グラム=130円前後。12月下旬までの期間限定販売商品。県内のほか、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良のスーパーやコンビニ、カルビーアンテナショップで販売する。 

  • はてなブックマークに追加