3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

16年目のバー「ロジェ」が和歌山市駅近くに移転-路面店で一見客も

市堀川に面した店内は水面に反射する夕日を楽しむことができる

市堀川に面した店内は水面に反射する夕日を楽しむことができる

  • 0

  •  

 南海電鉄和歌山市駅近くに4月1日、営業16年目のバー「ロジェ(roge)」(和歌山市元博労町、TEL073-433-6691)が移転オープンした。席数はカウンター7席、テーブル11席。店舗面積は15坪。

自家製の薫製の盛り合わせとくん玉

 同店は約16年間、和歌山市鈴丸丁の雑居ビルで営業を続け、3月22日にいったん閉店した。移転先はバー「ピノ(pinot)」跡。

[広告]

 「このビルは10年くらい前から知っていて、ずっと好きだった。常連客の(ビル)オーナーから1階が空いた時に声を掛けていただき移転を決めた」と店主の三木健司さん。路面ということもあり、常連客だけでなく一見客の来店も増えたという。

 メニューは、志賀高原ビール、各種グラスワイン(以上700円)、カクテル(700円~)、ウイスキー(600円~)、できたて薫製カマンベール(650円)、薫製盛り合わせ(700円~)など。

 カフェメニューはブレンドコーヒー(450円)、チャイ(550円)、ミカンジュース「味一しぼり」(600円)、チーズケーキ(450円)、生チョコレート(350円)など。バータイムとなる19時以降はチャージ150円が必要。

 「駅前の路面店は『街の顔』。和歌山市の玄関口で、他県の人にも『この街にもいいバーがある。来て良かった』と言ってもらえるような店にしていきたい」と意気込みを見せる。

 営業時間は15時~翌1時。月曜定休。駐車場1台。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home