食べる

和歌山県産南高梅を使った「まぜるシェイク」 全国のモスバーガーで販売へ

カップ底の紀州南高梅を使ったシロップとバニラシェイクを混ぜて飲む「まぜるシェイク 紀州南高梅」

カップ底の紀州南高梅を使ったシロップとバニラシェイクを混ぜて飲む「まぜるシェイク 紀州南高梅」

  • 98

  •  

 和歌山産「南高梅」を使った「まぜるシェイク紀州南高梅」の販売が2月10日、全国のモスバーガーで始まった。経営は「モスフードサービス」(東京)。

同時発売の「まぜるシェイク二十世紀梨」

 同社は「地域に根ざした店作り」を目標に掲げ、各地の食材や特色を生かした商品開発に取り組む。昨年は特産品のPRとコロナ禍で出荷が減少した生産者を応援する企画として、「地元愛」をテーマに、北海道や沖縄、東北6県、新潟、埼玉など8地域で特産品を使ったシェイクを地域限定で販売した。

[広告]

 今回は「自分たちの地域の特産品も使ってほしい」「地域限定でなく全国の名産品を使ったシェイクが飲みたい」というニーズに応え、全国の店舗で展開。全国を8つのエリアに分け、ご当地食材を2種類ずつ選定し、4回に分け、シェイクを提供する。

 第1弾商品「まぜるシェイク紀州南高梅」は、非加熱の浸透圧製法で抽出した和歌山県産「紀州南高梅」の果汁を使ったソースに、バニラシェイクを合わせる。カップの底に入ったソースを混ぜることで味の変化を楽しめる。

 同社広報担当者の森野美奈子さんは「梅の花が咲く時期に合わせ提供できればと、第1弾での販売が決まった。酸味は抑えつつ、華やかで香り高いソースに仕上がった。甘さ控えめのミルキーなバニラシェイクと混ぜても梅の風味を感じられる」と話す。「南高梅と鳥取の二十世紀梨の第1弾を皮切りに、第4弾まで計8種のシェイクを販売する。全国で提供するので、それぞれ飲み比べて好みなど伝えていただければ」とも。

 価格は、Sサイズ=269円、Mサイズ=334円(以上税別)。3月下旬まで。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース