見る・遊ぶ

和歌山・中辺路に宿泊施設「SEN RETREAT TAKAHARA」 熊野古道参詣の拠点に

「SEN RETREAT TAKAHARA」外観

「SEN RETREAT TAKAHARA」外観

  • 61

  •  

 宿泊施設「SEN RETREAT TAKAHARA(セン・リトリート・タカハラ)」(田辺市中辺路町高原、 TEL 0739-64-0556)が田辺市中辺路町にオープンして1カ月がたった。運営は日本ユニスト(大阪府大阪市)。

地元の木材を使ってリノベーションしたリビング

[広告]

 同社は現在、熊野古道でも知名度の高い、田辺から熊野本宮に向かう「中辺路ルート」の主要4エリア、高原・近露・渡瀬・小口に宿泊施設をオープンする計画を進めている。セン・リトリート・タカハラは計画第1号施設となる。

 同施設は地元の木材を使い民家を改修した。客室は全室トイレと洗面所を備える。母屋のA棟には共用リビングや客室3部屋を備える。B棟には、男女別シャワー室があり、離れのC棟に客室2部屋がある。オフシーズンは1棟貸し(3万4,000円~)のほか、トレッキングシーズンは部屋ごとに利用が可能。食事付きプランでは、地元食材を使ったバーベキューを楽しめる。

 経営情報管理部長の山口和泰さんは「実際に歩いてみて、改めて熊野古道の魅力を感じた。外国人をはじめ多くの観光客が訪れているが宿泊施設が少ないため、予約が取れず、参詣や訪日を諦めざるを得ない状況もある。4つの施設を完成させ、各地で個別に宿を取らなくても『SEN』で一気通貫の予約ができるプランを提供したい。ぜひ中辺路ルートを歩く際の拠点にしてほしい」と話す。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース