食べる

和歌山・紀伊田辺駅前で6年ぶりバルイベント 45店が参加

「2023味光路バル」の開催をアピールする岡野実行委員長

「2023味光路バル」の開催をアピールする岡野実行委員長

  • 44

  •  

 飲み歩き・食べ歩きイベント「2023田辺駅前味光路バル」が1月20日、JR紀伊田辺駅周辺で開催される。

「2023味光路バル」のチケットとパンフレット

[広告]

 3枚つづりのチケット(2,500円)を購入した客を対象に、参加各店が料理と飲み物のセットをチケット1枚と引き換えに提供する同イベント。田辺市で同様のバルイベント開催は2017(平成29)年以来、6年ぶり。今回は、駅前飲食店街「味光路(あじこうじ)」と周辺の居酒屋、ダイニングバー、ビストロなど45店が参加する。

 実行委員長で「チャイニーズ酒場 福福」(田辺市湊)などを経営する「福福」の岡野祐己社長は「コロナ禍で客足が遠のいている。以前は週に2、3回来てくれた人が1カ月に1回になり、1カ月に1回来ていた人は3カ月に1回になった。紀伊田辺駅前にたくさんの人を呼び、再び味光路に足を運んでもらうきっかけにしたい」と話す。「自分でも食べに行きたくなるほどお得なメニューが勢ぞろいした。飲食店だけでなく、酒販店、タクシー、運転代行など、関連事業者とも活気を分かち合えれば」とも。

 開催時間は15時~翌4時。チケットは、当日、イベント本部(湊)で販売するほか、前売り券を「tanabe en+(タナベエンプラス)」(湊)や田辺商工会議所(新屋敷町)で販売する。チケットは当日のみ有効。

※前売り券販売場所に誤りがあったため修正しました(2023年1月11日 23時修正)

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース