食べる 見る・遊ぶ

和歌山市駅改札内の「南海そば」に冬季限定・あんかけ新メニュー

期間限定で提供されている親子あんかけそば

期間限定で提供されている親子あんかけそば

  • 0

  •  

 南海電鉄和歌山市駅の改札内にある「南海そば和歌山店」(TEL 073-422-5885)が1月13日、冬季限定の新メニュー「親子あんかけ」「梅あんかけ」の提供を始めた。経営は南海エフディサービス(大阪市)。

40周年を迎える南海そば和歌山店

 南海そば1号店は1966年7月、南海電鉄難波駅にオープンした。現在は、新今宮や三国ヶ丘、天王寺など大阪に5店舗、和歌山店と合わせて6店舗を展開する。

[広告]

 和歌山店は1975年にオープンし、今年9月で40周年を迎える。ほかの店舗が移転で取り壊されたため、現存する店舗の中では最も古いという。店舗面積は5.75坪。立食のみ。

 同店は濃縮だしを使わず、かつおやうるめなど4種類のだしでそばとうどんの両方を提供する。親子あんかけは通常のだしに「玉子あんかけ」を加え、鶏肉をトッピング。梅あんかけは梅干しを乗せる。

 総務部の藤井宏敏さんは「夏にはざるそばや冷やしそばなど限定メニューがあるので、冬は体が温まるあんかけを始めたところ好評だった。今年は新メニュー2種を加え、全4種を提供する」と話す。「『肉あんかけそば』は『関西私鉄スタンプラリー』の対象メニューにした。オリジナルグッズのプレゼントもあるので、この機会にぜひ試してほしい」とも。

 人気メニューは、きつねうどんとたぬきそば。関東では「きつねそば」と呼ぶ店もあるが、同店では油揚げを載せたそばを「たぬきそば」と呼ぶ。人気はそばの方がわずかに上だという。

 メニューはかけそば、かけうどん(以上240円)、たぬきそば、きつねうどん(以上280円)、かやくご飯、カレー丼(以上420円)など。あんかけメニューは卵(300円)、梅(350円)、親子(400円)、肉(450円)。提供は3月15日まで。スタンプラリー情報は同店にポスターで掲示している。

 営業時間は7時~21時。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース