食べる

和歌山・けやき大通りにカフェ&バー「ブランコ」 朝6時まで営業

夜の店をあずかるスタッフの萩原陽太さん

夜の店をあずかるスタッフの萩原陽太さん

  • 0

  •  

 JR和歌山駅近くけやき大通り沿いに、カフェ&バー「Branco(ブランコ)」(和歌山市友田町、TEL 073-423-3817)がオープンして1カ月がたった。

地魚のエスカベッシュ

 店舗面積は約9坪。席数は、1階にカウンター席5席、テーブル席2席。2階にテーブル席10席。店主の戸田光子さんは「Branco」はポルトガル語で「白」の意味。「来店するお客さんに合わせ、何色にでも染まれるようにと名付けた」と話す。同店が入居するビルは白い外壁で1階部分だけ緑色に塗装している。「けやき大通りの白い店、と覚えてもらえたら」とも。

[広告]

 戸田さんは東京出身。和歌山の和食店で12年修業した後、昨年独立して完全予約制の和食店「旬の光田」をオープンした。いつか地元に帰って店を経営する勉強になると考え、2店舗目の出店を決意したという。

 「仕事が終わったあとご飯を食べられるバーがあまりなかったので、カジュアルに行ける店を出そうと考えた。何か特徴がほしくて、朝までの営業に踏み切った」と戸田さん。

 ドリンクメニューは、ビール各種(500円~)、赤ワイン、白ワイン(以上グラス=600円)、ウイスキー各種(500円~)、マンゴージュース、ジンジャーエール(以上500円)、コーヒー、紅茶(以上500円)、フレッシュフルーツを使ったジュース(900円~)など。

 フードメニューは、気まぐれカレー、ガパオライス、地魚のエスカベッシュ(以上900円)、しらすコロッケ(600円)、豚のスペアリブ、しらすピザ(以上1,000円)など。

 平日限定営業のランチメニューは、プレートランチ(1,200円)、ガパオランチ、カレーランチ(以上900円)、丼ランチ(1,000円)、を用意する。

 戸田さんは「いろいろな年代の人に来店してもらいたい。梅やしらす、しょう油など使って、和歌山らしさも少し取り入れている。県外の人も気軽に来てもらえたら」と呼び掛ける。

 営業時間は18時~翌6時。ランチは平日(月曜~金曜)12時~15時。

Stay at Home