3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

和歌山城近くにカップケーキ専門店「CUPS」 築40年のビルを改装

店内専用5種食べ比べミニカップケーキセット

店内専用5種食べ比べミニカップケーキセット

  • 0

  •  

 和歌山城近くにカップケーキ専門店「CUPS(カップス) -coffee & cupcakes-」(和歌山市薮ノ丁、TEL 073-488-7154)がオープンして1カ月半がたった。

築40年のビルを改装した「THE PICNIC APARTMENT」1階が「CUPS」

 築40年のビル1階のもともと駐車場だった場所を店舗に改装した同店。席数はテーブル席16席とテラス席4席。店舗面積は28坪。

[広告]

 ストリートダンス発祥の地・米国をテーマに据え、提供するメニューやインテリアをコーディネートする。カップケーキのレシピをはじめ、コーヒー豆のブレンドも焙煎所に頼んでオリジナルを用意。ケーキを入れるショーケースもオーダーメードで作るなど、細部にまでこだわる。

 店主の西山麻紀さんはダンスチーム「W.LockinCrew(ダブルロッキンクルー)」に所属し、世界大会にも出場した経歴を持つ。ダンススクールで講師を務めるなど、プロダンサーとして活動してきた。20歳ごろからカフェ店を開きたいと思い始め、ダンサーを続けながら飲食店で修業を開始。ナチュラルフードコーディネーターの資格を取得したり、アメリカへ勉強に行ったりと準備を続け、オープンにこぎ着けたという。

 西山さんは「本物を追求することの楽しさや、それがさらに周囲に連鎖していく様子が見える場所を作りたかった」と話す。コミュニケーションを大切にするため、店内はセルフサービス。「注文のときや食器を下げてもらうときに会話が生まれるのがいい。そのほかは好きに過ごしていただければ。席を好きな場所に移動してもらっていいし、電源やWi-Fiも自由に使ってもらっていい」とも。

 メニューは、カップケーキ各種(330円~)、店内専用5種食べくらべミニカップケーキ(1,080円)、テークアウト専用6種ミニカップケーキ詰め合わせ(1,500円)、コーヒー(450円)、カフェラテ(550円)、アイスティー(500円)、ティーソーダ(550円)、ビール各種(600円)など。

 「好きな言葉は『winsome(ウィンサム)』。あどけないとか魅力的という意味があるが、その言葉にあるような魅力的な人が集まって、次の魅力的なものが生まれるような店になり、笑顔が増えればうれしい」と笑顔を見せる。

 営業時間は12時~18時。

Stay at Home