3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

和歌山・貴志川町にハワイアン雑貨「カノア」 ハワイ好きな夫婦が開業

店主夫婦が好きなパイナップルグッズを多く扱っている

店主夫婦が好きなパイナップルグッズを多く扱っている

  • 0

  •  

 ネコの「ニタマ駅長」で知られる和歌山電鉄貴志駅近くにハワイアン雑貨店「Kanoa(カノア)」(紀の川市貴志川町神戸、TEL 0736-70-0777)がオープンして1カ月がたった。

青い外壁の建物の2階が店舗

 店主の鍬初(くわぞめ)吉伸さんは10年ほど前に初めてハワイへ行き、すっかり気に入ったという。妻の梨紗さんも雑貨が好きだったことから、リフォームをきっかけに2階建て倉庫の2階の物置を店舗にした。店舗面積は5坪。店名はハワイの言葉で「自由」を意味するという。

[広告]

 吉伸さんは「他の店では見かけないものをセレクトしている」と話す。年1回のペースでハワイに仕入れに行くほか、ネットや雑誌をチェックして、現地の友人を通じて仕入れる。特に鍬初さん夫婦の好物のパイナップルの商品を多数そろえる。

 取り扱う商品は、「ライオンコーヒー豆」(1,500円)、「ロイヤルコナコーヒー豆」(1,530円)、フラガールパンケーキミックス(1,445円)、ポストカード(250円)、グリーティングカード(350円)、ピアスやブレスレットなどのアクセサリー(1,800円~2,800円)、エコバッグ(1,200円~1万2,000円)、ウクレレキット(7,000円)など。

 梨紗さんは「コーヒーは苦手だったがハワイのコーヒーは後味がすっきりしていて驚いた。ハワイのことを知らない人にも飲んでほしい」と話す。店のオープンに合わせてハワイで購入したウクレレで練習を始めたという吉伸さんは、「ハワイ好きな人が集まる場所になれば」と笑顔を見せる。

 営業時間は火曜・木曜・土曜の12時~17時。

Stay at Home