見る・遊ぶ 暮らす・働く

和歌山・有田川町で野外ジャズライブ 地元産のワインやビール販売も

開催場所となる「ALEC」野外デッキ

開催場所となる「ALEC」野外デッキ

  • 0

  •  

 有田川町の「地域交流センター ALEC(アレック)」(有田川町大字下津野、TEL 0737-52-4730)野外デッキで10月30日、音楽イベント「有田川ジャズ・ミーティング2016」が開かれる。主催は絵本まちづくり協会。

「ビール&ワイン&みかんフェス」の会場となる「ポッポみち」

 今年が初開催となる同イベント。同会会長の三角治さんは「有田川町は絵本を通じたまちづくりに力を入れている。以前からジャズやクラシックで町に音楽文化を根付かせたいと考えていた。子どものころからさまざまな音楽に触れて、感性豊かな子どもを育てられる環境を作っていきたい」と話す。

[広告]

 当日は、「京都コンポーザーズ・ジャズ・オーケストラ・ディレクテッド・バイ 谷口知巳」「Dixie Express」「石田ヒロキ The Standard Trio」「片山恵依子 Quintet」「吉岡明美 Long Excuse」の5組によるジャズの生演奏のほか、親子で参加するパーカッション作りワークショップを開く。

 同施設に隣接する「ポッポみち」では、地元産のビールやワインを販売する「クラフトビール&ワイン&みかんフェス」も同時開催する。「ポッポみち」は有田鉄道線路跡に作られた自転車・歩行者道路。「有田川町は県内で初めてワイナリーができた町。地元産のビール(400円~)やワイン(300円~)を飲みながら、家族で生演奏を楽しんでほしい。今が旬のみかんの試食もたくさん用意している」と三角さん。

 開催時間は10時30分~16時。雨天時は「ALEC」屋内で開催する。

Stay at Home