食べる 見る・遊ぶ

和歌山・有田の伊藤農園が期間限定カフェ 週末のみ「あまなつパフェ」提供も

期間限定カフェでお茶を楽しむ様子(2017年10月の開催風景)

期間限定カフェでお茶を楽しむ様子(2017年10月の開催風景)

  •  

 JR紀伊宮原駅近くの伊藤農園の直売店「みかんの木」(有田市宮原、TEL 0737-88-7053)に4月18日、期間限定カフェがオープンする。

伊藤農園みかんの木のカフェで週末のみ提供される「あまなつパフェ」

 スタッフの伊藤麻子さんらが「もっと多くの人に有田へ足を運んでもらい、ミカンの木を見たり香りを感じたりしてもらいたい」と昨年10月に初めて開き、今回で2回目。

[広告]

 築100年のミカン蔵を改装した店内や屋外に14席を設ける。「『みかん見』をして、かんきつの香りを楽しもう」をコンセプトに香りを楽しむ企画やメニューを提供する。

 麻子さんは「前回は若い女性や年配のグループの来店が多く、好評だった。前回とは季節が違うので、風景や旬のかんきつも異なる。春を五感で感じられるので、リフレッシュしに来てほしい」と呼び掛ける。

 メニューは「和歌山産はちみつ入りゆずネード」(498円)、「春の限定柑橘(かんきつ)ジュース」(300円)、「ぷるっと果肉入りゼリー」(450円)など。土曜・日曜のみ「あまなつパフェ」(950円)も提供する。カフェ利用客には「手むきあまなつ」「はっさく」「自家製マーマレードのせクラッカー」を無料で提供する。

 21日・22日はかんきつの手搾り体験や、マーマレードの実演調理・試食イベントを開く。

 営業時間は10時~17時。今月24日まで。