食べる

和歌山・みその商店街にカフェ&バー「EU」 「入りにくい居酒屋」をイメージ

さまざまな古い物を組み合わせて作った店内

さまざまな古い物を組み合わせて作った店内

  •  

 カフェ&バー「EU(イーユー)」(和歌山市美園町5)がJR和歌山駅近くのみその商店街にオープンして2カ月がたった。

前菜3種盛りとスパークリングワイン

 「源じろう計画事務所」(和歌浦東)社長でオーナーの半田雅義さんがパン店工場跡を改装した同店。店舗面積は約40平方メートル。席数はテーブル席20席、カウンター席9席の計29席。

[広告]

 半田さんはこれまで、和歌山県立美術館2階のブックカフェ「BRING BOOK STORE(ブリングブックストア)」(吹上1)や「bar No.11(バールヌメロオンセ)」(十一番丁)、「rub luck cafe(ラブラックカフェ)」(有田市千田)などの設計や改装を手掛けてきた。同店のコンセプトは、テレビ番組「世界入りにくい居酒屋」に出てくる一見怪しげで入りにくいが堅苦しくない昔からある店だという。

 メニューは、前菜3種盛り合わせ(1,296円)、紀州山椒(さんしょう)のソーセージ、鹿肉のハム(以上648円)、ポルトガル風アヒルゴハン、牛ほほ肉のトマト煮込み(以上972円)、丸鶏のローストチキン(2,700円)など。

 ドリンクメニューは、「東郷ビール」(864円)、ウイスキー各種(594円~)、グラスワイン(378円)、スパークリングワイン(540円)、カクテル各種(648円)、エスプレッソ、ジンジャーエール、フィーバーツリートニックウオーター、イタリア産麦茶オルヅォ(以上540円)など。

 店長の源智詩さんは「自分の好きな時間に好きな物を楽しむ場所を提供したい」と勤務していた会社を退職。パン店「ドーシェル」(紀美野町釜滝)で5年間働き、ブリングブックストアで勤務を経て、同店の店長となった。

 源さんは「ヨーロッパの家庭料理を意識しながら、これまでなかったような新しいメニューを考えている。現在は2軒目使いやカフェ利用の方も多いが、しっかりした食事もたくさん用意しているので食事メインでも利用してほしい」と呼び掛ける。「店に入る時のドキドキ感やワクワク感、好奇心をくすぐるメニューや雰囲気作りを大切にしたい。少しさみしいみその商店街や周辺を盛り上げていけたら」とも。

 営業時間は17時~23時。月曜定休。