見る・遊ぶ

和歌山城公園動物園でエミューのひな特別公開 3カ月限定のしま模様に歓声

4月18日にふかしたエミューのひな

4月18日にふかしたエミューのひな

  •  
  •  

 エミューのひなが5月18日、「和歌山城公園動物園」(和歌山市一番丁)で限定公開された。

メスのエミュー「アロウ」

 「アドベンチャーワールド」(西牟婁郡白浜町堅田)から提供を受けた3個の卵のうち、1個が4月18日にふ化した。同園でふ卵器に入れてから52日でふ化し、出生時の体重は410グラム。18日の体重測定では1018グラムで、1カ月で約2.5倍になった。

[広告]

 エミューはヒクイドリ目ヒクイドリ科の飛べない鳥の一種。オーストラリア大陸全域の草原や砂地に分布する。ひなは、うり坊に似たしま模様で、成鳥になるとしま模様は消え灰褐色の羽毛になる。成鳥の体高は1.6~2メートル、体重は40~60キロ。雄は「ヴゥー」と低い鳴き声を出し、雌は「ボン、ボボン」とドラムのような声で鳴く。

 飼育員の湯浅真波さんは「ひなの頃の特徴的な模様は約3カ月でなくなり、大人と同じような模様になる。『ピョー』『ピヨピヨ』と鳴くのもひなの頃だけなので、この機会にぜひ成鳥とひなを比べてみてほしい」と呼び掛ける。「現在飼育しているエミューはメスの成鳥『アロウ』だけなので、互いの様子を見ながら将来的には一緒に飼育していければ」とも。

 ひなを見掛けた来園者からは「かわいい」「初めて見たが、大人と全然違う」などの歓声が上がった。

 次回のひなの公開は25日~26日。公開時間は13時15分~14時。雨天中止。

  • はてなブックマークに追加