見る・遊ぶ

映画「ソワレ」、和歌山・道成寺で村上虹郎さんら成功祈願 御坊日高地方がロケ地に

成功祈願で礼をする村上虹郎さん

成功祈願で礼をする村上虹郎さん

  •  
  •  

 映画「ソワレ」の成功祈願がクランクイン前日の7月4日、道成寺(日高郡日高川町鐘巻)で行われた。

意気込みを語る(左から)芋生悠さん、村上虹郎さん、外山文治監督

 監督の外山文治さんをはじめ、ダブル主演の村上虹郎さんと芋生悠さん、映画製作会社「新世界合同会社」の豊原功補さんのほか、地域住民らで作る「御坊日高映画プロジェクト実行委員会」のメンバーなど総勢40人が参列した。

[広告]

 「新世界合同会社」は外山監督と豊原さんが、小泉今日子さんらと昨年9月に設立。同作が初プロデュース作品となる。

 和歌山市出身のプロデューサー・前田和紀さんが手掛けた同作。2016(平成28)年の和歌山市ロケ作「ちょき」(金井純一監督)、2018(平成30)年の太地町ロケ作「ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでる。」(藤原知之監督)に続く第3弾。

 脚本は、前田さんの呼び掛けで、外山監督が和歌山に足を運び執筆。7月5日から約3週間かけて御坊・日高地方、和歌山市で撮影する。

 ストーリーは、役者を目指し上京した若者・岩松翔太(村上虹郎さん)が、故郷の高齢者施設で演劇を教えることになり、そこで働く同世代の山下タカラ(芋生悠さん)とある事件をきっかけに先の見えない逃避行を始めるというロードムービー。

 外山監督は「道成寺にまつわる『安珍清姫伝説』のような男女の恋愛を取り入れる予定。住んでいる街が映画にどう映るか見てもらって、魅力の再発見になれば」と話す。

 村上虹郎さんは「外山監督は『静』を描くのがうまい。主人公の岩松翔太は痛いやつだけど、世界のみんなに救いになるような存在。久しぶりの主演なので気合いを入れて演じたい」と意気込む。

 芋生悠さんは「和歌山に来たばかりなので、散歩してなじんでいきたい。人と出会うことで救われていく主人公のように、役と共に成長していけたら」と話す。

 2020年、全国ロードショー。

  • はてなブックマークに追加