食べる

和歌山で夏季限定「チョコかき氷」 チョコ専門店が提供、県産果物シロップと組み合わせも

「あら川の桃にビターチョコ」味のかき氷

「あら川の桃にビターチョコ」味のかき氷

  •  
  •  

 夏季限定の「チョコかき氷」が現在、城北橋近くのチョコレート専門店「THE SMILE CHOCOLATE(ザスマイルチョコレート)」(和歌山市卜半町、TEL 073-488-8840)で販売されている。経営は「スマイル」。

店先でかき氷を食べる家族連れ

 「チョコレートで笑顔になる」をコンセプトに、今年2月にオープンした同店。チョコレートの原料の一つであるカカオバターは油分を含むことから、夏場に売り上げが落ちると予想し、チョコレートソースのかき氷を販売する。

[広告]

 チョコかき氷は、氷を削り、シロップとチョコレートソースをかける。県産の果物を煮詰めたシロップには、カカオの配合率が高いビターチョコソース、玉林園(出島)の抹茶とほうじ茶のシロップにはホワイトチョコソースなど、シロップに合うチョコレートソースをかける。常時4種を提供し、果物の旬に合わせてシロップを変える。

 現在のメニューは、伊藤農園(有田市宮原町)のジュース「はっさくしぼり」を使った「伊藤農園はっさくにビターチョコ」「あら川の桃にビターチョコ」「玉林園 抹茶にホワイトチョコ」「玉林園 ほうじ茶にホワイトチョコ」(以上600円、税別)。

 社長の武内淳さんは「果物とチョコレートは相性もよく、和歌山は果物がふんだんにあるため、当店ならではのかき氷になった。ふわふわに仕上げるので、一見すると『こんなに食べられるかな』と言われるほど大きく見えるが、食べてみると女性でもペロリと平らげていただけている。チョコレートのかき氷は他にはないので、珍しがったり、不思議がったりして、好評をいただいている。お盆も通常営業するので、ご家族・ご友人を誘って食べに来てほしい」と呼び掛ける。

 営業時間は11時~19時。水曜定休。

  • はてなブックマークに追加