学ぶ・知る

和歌山市民会館で初代「ゴジラ」上映会 主演俳優・宝田明さん「平和」講演も

自身のゴジラコレクションの前で参加を呼び掛ける伊藤宏さん

自身のゴジラコレクションの前で参加を呼び掛ける伊藤宏さん

  •  
  •  

 映画上映と講演会「ゴジラ和歌山上陸!宝田明さんと考える『平和』~これまでとこれからと~」が8月25日、和歌山市民会館小ホール(和歌山市伝法橋南ノ丁)で開催される。主催は「和歌山G&Tプロジェクト」と「9条ネットわかやま」。

伊藤宏さんのゴジラコレクション

 1954(昭和29)年公開の「ゴジラ」第1作のデジタルリマスター版上映と、主演俳優の宝田明さんが講演を行う。講演会のナビゲーターは和歌山信愛女子短期大学の教授・伊藤宏さんが務め、宝田さんと対談形式で進行する。そのほか、会場ロビーには、伊藤さんの所有する多数のゴジラ・フィギュアを展示する。

[広告]

 宝田さんは1934(昭和9)年生まれ。「ゴジラ」第1作の主演を務め、6本のゴジラ映画に出演。「青い山脈」や「放浪記」など約130本の映画のほか、「風と共に去りぬ」「マイ・フェア・レディ」など、多数のミュージカルに出演した。2012(平成24)年には自身が製作・演出・出演するミュージカル「ファンタスティックス」で全国公演し、平成24年度文化庁芸術祭賞大賞を受賞した。近年は、旧満州で過ごした少年時代に経験したソ連軍侵攻によるすさまじい戦争体験をもとに平和についての講演活動を行う。

 昨年、伊藤さんが行った講演「ゴジラから読み解く平和憲法」を新聞報道で知った宝田さんが、伊藤さんに手紙を送り、連絡を取り合ったことをきっかけに同イベントの開催が決まった。

 伊藤さんは「幼い頃、父親とゴジラの映画を見に行き、怖くて夢の中でよく追い掛けられたが、ゴジラはずっと好きで戦争と平和について考える時の土台になっている」と話す。「『水爆大怪獣』と銘打たれたゴジラ第1作の公開は終戦後9年しかたっていない。宝田さんに当時の映画制作やゴジラへの思いを語っていただき、その時代の平和を希求する思いを共有していきたい。夏休みなので特に若い人に来てもらえれば」とも。

 10時30分開場、11時=映画「ゴジラ」第1回上映、14時=宝田明さん講演、16時=映画「ゴジラ」第2回上映。入場料は、一般=1,500円、大学生・高校生=1,000円、小中学生=500円。全席自由。チケットは、和歌山県民文化会館(小松原1)、和歌山市民会館、音楽文化堂県庁前店(雑賀屋町)、HITSイシイ(小松原6)、「LURU MUSIC」(狐島)、八木楽器岩出店(岩出市清水)で取り扱う。

  • はてなブックマークに追加