見る・遊ぶ 買う

HYDEさんが地元・和歌山で舞台あいさつ コンサート映像先行上映会で「ただいま」

観客に手を振るHYDEさん

観客に手を振るHYDEさん

  • 549

  •  

 ロックミュージシャン・HYDE(ハイド)さんのコンサート映像作品が1月14日、ジストシネマ和歌山(和歌山市松江向鵜ノ島)で先行上映され、HYDEさんが舞台あいさつを行った。

ハンカチで涙を拭うしぐさを見せるHYDEさん

 映像作品「HYDE ACOUSTIC CONCERT 2019 黒ミサ BIRTHDAY -WAKAYAMA-」(黒は旧字)は、2019年に和歌山ビッグホエール(手平)で開催したバースデーコンサートの模様を、ほぼノーカットで収録する。ソロの楽曲に加え、ロックバンド「L’Arc~en~Ciel(ラルクアンシエル)」や「VAMPS(バンプス)」の曲も含む。初回限定盤には、特典映像として舞台上で行われた「和歌山市ふるさと観光大使」の委嘱式の模様を収める。

[広告]

 当日は、全国から740人のファンが集まり、2部制の舞台あいさつはどちらも満員となった。HYDEさんが登場すると歓声が上がり、「おかえり」の呼び掛けに「ただいま」と応えた。司会のラジオDJ・下埜正太さんとのトークセッションでは笑顔を見せた。下埜さんが「コンサートを思い出し、本作の編集段階でも泣いてしまったとの情報がありますが」と聞くと、HYDEさんはハンカチを取り出し、涙をぬぐうしぐさを見せ、会場を盛り上げた。

 HYDEさんは「昨年のコンサートは地元開催で、これまでの人生の出来事だったり、さまざまな人が見に来てくれていたり、多くのことが重なった特別な一日だった。自分の人生は順風満帆ではなかったけれども、歩んできた道は間違ってなかったと思える瞬間だった」と話す。「僕のことをよく知らない和歌山の人も見てくれるかなと思ったので、1曲1曲解説をつけたり、歌詞や翻訳を出せるようにしたり、どういう曲なのか『初めての人でもわかりやすいHYDE』を心掛けた。自信作なので、リラックスして楽しんでほしい」と呼び掛ける。

 上映は舞台あいさつの映像も加え、全国41カ所の映画館で1月28日(チケット3,900円)。BD・DVDは1月29日発売。初回限定盤=1万3,200円、通常盤BD=8,800円、通常盤DVD=7,700円。

Stay at Home