暮らす・働く

和歌山市駅に特急「HYDEサザン」到着 HYDEさんがデザイン監修、ふるさとPR

和歌山市駅に到着した特急「HYDEサザン」

和歌山市駅に到着した特急「HYDEサザン」

  •  
  •  

 ロックバンド「L'Arc~en~Ciel(ラルクアンシエル)」のボーカルとして知られるHYDE(ハイド)さんがデザイン監修したラッピング車両・特急「HYDE サザン」が12月23日、運転を始めた。

2019年1月に和歌山市内で開催されたバースデーコンサートの写真がラッピングされた車両

 南海本線難波駅~和歌山市駅・和歌山港駅間を走行する同車両。南海電鉄(大阪市)と和歌山市が、同市ふるさと観光大使のHYDEさんに声を掛け企画が実現した。アーティストを起用したラッピング車両は同社初。

[広告]

 1~4号車の車体に、市内で1月に開催したバースデーコンサートの写真と和歌山の名所を配置。全体を友ヶ島(加太)をイメージしたレンガ造りのデザインにし、和歌山城(一番丁)、日前神宮(秋月)、「和歌山マリーナシティ」(毛見)のポルトヨーロッパの名所や県花の梅、市花のつつじを車両にあしらった。「和歌山に行きたくなる」デザインにしたという。

 HYDEさんは祝電で「高校が難波にあったため、まさにこのサザンという列車に乗って和歌山市から3年間通っていた。まさかその列車に自分のイメージがラッピングされるなんて、その当時の自分に言ってあげたい。僕自身も早くこのサザンに乗って和歌山へ帰りたい。みなさんにもこの列車をかわいがってもらえるとうれしい」と述べた。

 和歌山市駅に到着した同車両を見に来た市内の40代女性は「友ヶ島の砲台跡などのさびたデザインも細かく精密でとてもきれい。HYDEさんの写真も映えていた。HYDEさんがラッピングされた列車は、和歌山市住民としてうれしい。電車はたくさんの人が使うのでインパクトがある。和歌山をもっと知ってもらいたい」と声を弾ませていた。

 1日に最大6往復運行。ラッピング車両乗車には指定席券が必要。運転は2020年10月ごろまで。

SmartNews Awards 2019