見る・遊ぶ

和歌山マリーナシティでイルミネーションイベント 初のフィンランドサウナも

クリスマスツリーとトナカイの像、ステージがある噴水広場

クリスマスツリーとトナカイの像、ステージがある噴水広場

  •  
  •  

 イルミネーションイベント「フェスタ・ルーチェ」が11月2日、和歌山マリーナシティ(和歌山市毛見)で始まった。

アトラクションがライトアップされた「光の遊園地」

 同イベントは2017(平成29)年にスタートし、一昨年は8万人、昨年は10万人を動員した。「フェスタ・ルーチェ」はイタリア語で「光の祭典」の意味。3回目の今年は88日間開催。「北欧の冬、クリスマス」をテーマに、ヨーロッパの街並みを再現したエリア「ポルトヨーロッパ」をライトアップし、アトラクションも「光の遊園地」として特別演出を施す。川にオーロラが浮かび上がる「オーロラショー」も15分間隔で行う。

[広告]

 そのほか、クリスマスマーケット(12月25日まで)やプロジェクションマッピング(12月1日~3月1日)、1000個のランタンを空中に浮かべる「スカイランタンフェス in フェスタ・ルーチェ」(11月23日、30日)、フィンランドサウナが体験できる「クリスマスサウナ in フェスタルーチェ」(12月14日~25日)、「サンタクロース村」のあるフィンランドの都市「ロヴァニエミ」から訪れたサンタクロースが登場するイベント(12月15日)なども予定する。

 2日に行われた点灯式の司会・いわさきふきこさんは「噴水広場前に光る花冠やカチューシャを着けた来園者が大勢集まり、全員の掛け声で光がともった瞬間は感動的だった」と笑顔を見せる。「今年の見どころの一つはトナカイ。園内に潜んでいる『隠れトナカイ』を探してみるのも楽しい」とも。

 開催時間は17~21時(12月14日~25日は22時まで)。入場料は、大人=当日1,500円(前売り1,300円)、小人=当日800円(同700円)。シーズンパスポートは、大人=3,500円、子供=2,000円。フェスタ・ルーチェナイトパス(アトラクション乗り放題パス)=1,600円(土日祝のみ、入場券別途必要)。3月1日まで。

  • はてなブックマークに追加