買う

和歌山ミカンと「猫用こたつ」セット販売 コロナフードロス対策にジュースも登場

猫用こたつでミカンを前にくつろぐ猫たち

猫用こたつでミカンを前にくつろぐ猫たち

  • 112

  •  

 ミカンやミカンジュースと猫用こたつのセット「猫と、こたつと、思い出みかん。」が現在、「中田鶏肉店」(御坊市名屋1、TEL 0738-20-5067)のオンラインストアで販売されている。

ミカンと猫用こたつのセット

 猫用こたつは高さ約20センチの段ボール製。電源は無く、天板と机の間に布を挟んでこたつのように使う。価格は、ミカンセット、ジュースセットのいずれも5,628円(送料込み)。

[広告]

 同商品は、2018(平成30)年台風の被害を受けた日高地方の「土生(はぶ)みかん」「天田みかん」の販売を促進するために企画し、今年で3年目。猫が小さなこたつでくつろぐ様子がかわいいとSNSを中心に話題を呼び、昨年は2222箱を完売した。新商品のミカンジュースセットは、コロナ禍で余剰在庫となった約7000リットルの和歌山産みかんジュースをセットにした。

 同商品の売り上げの2%とハッシュタグ「#猫とこたつと思い出みかん」で募集するSNSのフォトコンテスト1投稿につき2円を保護猫団体「ネコリパブリック」に寄付する。昨年は約22万円を寄付したという。

 同社の中田直希専務は「私が猫好きということもあり、人よし、猫よし、社会よしの三方よしの商品を企画した。まず猫好きの人にお薦めしたい。『土生みかん』『天田みかん』など、おいしいミカン産地を知るきっかけになれば。コロナ禍でのフードロスを削減し、地域の役に立ちたい」と話す。「厳しい状況だが、こたつに入る猫の姿を見てホッコリしてもらえたら」とも。