食べる

和歌山城近くにビストロ「グリーンバイ」 世界の家庭料理をアレンジ

(右から)店主の尾形良樹さんとシェフの晋代さん

(右から)店主の尾形良樹さんとシェフの晋代さん

  • 171

  •  

 ビストロ「green by(グリーンバイ)」(和歌山市駿河町、 TEL 073-488-8692)が和歌山市の市堀川沿いにオープンして3カ月がたった。経営は設計事務所「尾形良樹+SALT」(東京都)。

ランチメニューの「穴子のフリット 生姜ソース」

 店主の尾形良樹さんは和歌山出身。和歌山のまちづくりに関心があり、妻の晋代さんと和歌山在住の母・佐和子さんの3人で飲食店開業を計画してきたという。晋代さんは大阪出身。フランスで料理を学び、帰国後は「ミシュランガイド東京」で2つ星を獲得した「NARISAWA(ナリサワ)」(東京都)で4年間勤務した。

[広告]

 店舗は喫茶店「小波」跡を改装。オープンキッチンを導入し、窓を開閉可能にした。東京都品川区にあった植物とデザインプロダクトショップ「green by」の名前を継承する2号店。店舗面積は27坪、席数はテーブル席31席。

 メニューは、ベーコンとポーチドエッグのガレット(900円)、フレッシュベリーとクリームチーズ ピンクローズジュレのクレープ(800円)、ユリネとエルダーフラワーとザクロのパフェ(700円)など。ランチメニューは、粗びきハンバーグとポテトフリッツ(1,000円)、佐和子さんが作る「おかんの本気カレー」(700円)など。ディナーメニューは、前菜(1,000円)、「和歌山レモンリゾット エビフライ」(1,200円)など。

 ドリンクは、ブレンドコーヒー、紅茶、オレンジジュース(以上400円)、ソーダフロート各種(650円)、ビール各種(650円~)、グラスワイン(赤・白)、グラススパークリングワイン(以上700円)など。

 晋代さんは「コンセプトは『世界の家庭料理をアレンジして提供する街の食堂』。メニューに変化を持たせ、その時々に食べてもらいたい食材を使う。消費者と生産者をつなぎ、食文化を守る使命を担うのがシェフ。食材に親しみを持ってもらい、需要を増やせれば。分かりやすい調理を心掛ける。食材を知ってもらい、自宅で試してもらえれば」と話す。

 良樹さんは「メニュー、金額、店構えなど効果をデータ化し、設計事務所の顧客にフィードバックする役割も持たせている。昨年12月には、和歌山市の空き物件に試験出店する取り組みで、友人や地域の飲食店の協力でたくさんの人に来てもらった。このエリアを盛り上げる一翼を担いたい」と意気込む。

 営業時間は11時~22時。月曜定休。