見る・遊ぶ

パンダの赤ちゃん「楓浜(ふうひん)」に アドベンチャーワールドで命名式

約11万通の応募の中から名前が決まった赤ちゃんパンダ「楓浜(ふうひん)」(2021年3月12日撮影)

約11万通の応募の中から名前が決まった赤ちゃんパンダ「楓浜(ふうひん)」(2021年3月12日撮影)

  • 245

  •  

 パンダの赤ちゃん命名セレモニーが3月18日、アドベンチャーワールド(西牟婁郡白浜町堅田、TEL 0570-06-4481)で開催され、「楓浜(ふうひん)」と命名された。

たくさんのコメントが寄せられたライブ配信の様子

 昨年11月22日に父パンダ「永明(えいめい)」と母パンダ「良浜(らうひん)」の間に生まれた同園17頭目のメス。出生時の体重は157グラム、全長は20.5センチ。18日現在、6580グラム、74センチにまで成長した。

[広告]

 来園者はイルカのパフォーマンス会場「ビッグオーシャン」でセレモニーの様子を視聴。セレモニーでは、父親と母親の紹介後、赤ちゃんの体重測定を行い、名前を発表した。昨年12月24日~2月23日の一般公募で全国から集まった総数は11万3314通。その中から「パンダの赤ちゃん命名委員会」が「光浜(こうひん)」「咲浜(しょうひん)」「楓浜(ふうひん)」の3候補に絞り、3月4日~11日、園内とネットで投票を実施。投票総数9万899票のうち、4万1185票を得て「楓浜」に決まった。ステージで書道家の北原美麗さんが書道パフォーマンスで名前を発表すると、ビッグオーシャンにいた来園者から歓声が上がった。

 セレモニーの様子はユーチューブでもライブ配信。ピーク時は7000人以上が視聴し、名前が決まると「ふうちゃんおめでとう」「名付け親になれた」「コロナが終息したら絶対に会いに行く」「元気いっぱいに育って」など喜びと祝福のコメントであふれた。

 「楓浜」の名前には、いい夫婦の日に豊かな自然に恵まれた、白浜で生まれ、秋に色づき美しく変化するカエデのように、豊かに成長する姿がたくさんの人から愛され、温かく見守ってもらえる存在になってほしいとの思いが込められた。

 開園時間は10時~17時。入園料は、大人(18歳以上)=4,800円、65歳以上=4,300円、中人(12歳~17歳)=3,800円、子ども(4歳~11歳)=2,800円。楓浜の観覧には、事前にインターネットでの申込が必要。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース