見る・遊ぶ

和歌山・日高川町の1646メートルの藤棚ロードが見頃迎える

全長1646メートルの藤棚ロード

全長1646メートルの藤棚ロード

  • 58

  •  

 「リフレッシュエリアみやまの里」(日高郡日高川町初湯川)のフジの花が現在、見頃を迎えている。

見頃を迎えたフジの花

 同公園の藤棚ロードは日本一といわれる全長1646メートル。赤や紫、白などさまざまな色のフジ約640本を植える。日高川町観光協会によれば、例年4月中旬~5月初旬が見頃だが、今年は開花が早く、早咲きのフジはすでに見頃を過ぎ、遅咲きは日当たりの良いところで8分咲き。開花状況は同観光協会ウェブサイトに掲載する。

[広告]

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、「ふじまつり」は昨年に引き続き中止となった。

 同公園スタッフの吉田博さんは「毎年1万5000人近い観光客が訪れるが、今年は半分ほどの予想。ふじまつりは中止だが森林公園は開放されている。マスク着用とソーシャルディスタンスを守ってフジの花を楽しんでほしい」と話す。

 入園料は、大人=600円、小・中学生=200円。駐車場は普通車200円。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース