学ぶ・知る

和歌山・すさみの「エビとカニの水族館」でカエル展 会期は梅雨が明けるまで

同展で展示するニホンアマガエル

同展で展示するニホンアマガエル

  • 17

  •  

 「海と陸のカエルをあなたに To You(つゆ=梅雨)展」が現在、すさみ町立エビとカニの水族館(すさみ町江住、TEL 0739-58-8007)で行われている。

梅雨にちなみ傘などを飾り付けた展示スペース

[広告]

 同展は梅雨の季節に合わせてスタッフが企画。ニホンアマガエル、ニホンヒキガエルなど7種類のカエルとカエルアンコウ、カエルウオなど3種類の「カエルと名の付く魚類」を展示する。展示中のカエルは同館スタッフが町内で捕獲したという。

 今年は梅雨入りが予想より早く、捕獲と展示を急いだという。カエルや魚は1種類ずつ水槽に入れ、生態の解説と鳴き声を表現したカードを添えて展示する。展示は近畿地方の梅雨明けまで。

 飼育員の辻尾奈都美さんは「梅雨になると外に出るのが難しく、気分も暗くなりがちなので、梅雨の間に見られる生き物を見て楽しんでほしい。展示しているカエルや魚はスタッフが町内で捕まえたものばかり。すさみの自然の豊かさを地元の人や観光客にも知ってもらいたい」と話す。

 開館時間は9時~17時。入館料は、大人=800円、小中学生=500円、幼児(3歳以上)=300円。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース