3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

和歌山・山東にコーヒー豆直売所「The Roasters」-カフェも併設

「The Roasters」の外観。店舗は大河内地区会館前にある。

「The Roasters」の外観。店舗は大河内地区会館前にある。

  • 2

  •  

 わかやま電鉄貴志川線の山東駅近くに9月2日、カフェスペースを併設するコーヒー豆直売所「The Roasters(ザ・ロースターズ)」(和歌山市大河内、TEL 073-463-4841)がオープンした。店舗面積は17坪、席数は11席。

「The Roasters」のアイスコーヒー

 紀美野町でコーヒースタンド「The Stand」を運営する神谷健さん・仁子さん夫婦が自宅近くに開いた同店は、「使い継ぐ&生活空間をより楽しく」がコンセプト。自身もデザイナーでデザイン事務所「RAP YARD」の代表も務める健さんが中心となって、みかん倉庫をセルフリノベーションした。店内には焙煎(ばいせん)機や選び抜いた家具がゆったりと配置され、カウンターの高さや水回りなど細部にまでこだわりが見られる。

[広告]

 農園を表示した高品質な「スペシャルティーコーヒー」を提供。東京でカフェの店長をしていた焙煎士の仁子さんが、3年間勉強して習得した技術や知識を生かしている。

 「家屋の空間はもっと楽しくできるはず。このみかん倉庫も、最初はボロボロでゴミが積まれていた状態。お店になるわけがないと思ったが、コツコツと作業を進めてお気に入りの空間にできた」(健さん)。

 焙煎豆は100グラムから販売する。「エチオピア シダモG2」(100グラム=640円)、「タンザニア キリカフェAA」(同600円)、「グアテマラ ラユニオン アカテナンゴ地域」(同650円)。

 カフェメニューは「ホットコーヒー」「アイスコーヒー」(以上400円)、「クッキー」(180円)。

 「豆は100グラムずつ買ってもらうと、最後までおいしいまま飲める。ゆっくり過ごしてもらえるお店なので、こまめに買いに来ていただければ」(仁子さん)。

 営業時間は10時30分~17時。水曜定休。

Stay at Home