学ぶ・知る

和歌山県民文化会館で読書推進フォーラム 言語学者の金田一秀穂さんが講演

読書推進フォーラムをPRする県職員

読書推進フォーラムをPRする県職員

  • 8

  •  

 読書推進フォーラム「『ちょっと本でも読んでみようかな』のために」が1月29日、和歌山県民文化会館(和歌山市小松原通1)で開かれる。主催は和歌山県教育委員会。

読書推進フォーラムで講演を行う言語学者の金田一秀穂さん

[広告]

 読書の楽しさを伝え、読書について考える読書推進フォーラムは2022年2月に和歌山市で初開催。県南部での開催を望む声に応え、2022年9月には「だから読書はおもしろい 読書を通して育む『ことば』の力」をテーマに「丹鶴ホール」(新宮市)で開いた。

 今回は「本との出合い」をキーワードに、言語学者で山梨県立図書館長の金田一秀穂さんが「本は優しい」と題した講演を行う。続いて、「本に手を伸ばしたくなるしかけ」をテーマに、書店「本屋プラグ」(和歌山市万町)の嶋田詔太さんが事例報告。絵本作家のすけのあずささん、隅田中学校区共育コミュニティコーディネーターの土田淳子さんも加わり、座談会を開く。

 県生涯学習課の吉水英章さんは「本を取り扱う人、本を作る人、本を通じて人と人をつなげる人に集まってもらう。本との出合いをきっかけに人との交流が生まれ、地域住民の学びにつながる」と話す。「読書で言葉を知れば、コミュニケーションが円滑になり、豊かな生活につながる。本の魅力に触れて書店や図書館に足を運ぶきっかけになれば」とも。

 開催時間は13時30分~16時30分。参加無料。事前申し込みが必要。締め切りは今月25日。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース