天気予報

20

16

みん経トピックス

「真田まつり」に大河出演者和歌山でGWにバルイベント

和歌山・南海加太線で観光列車「めでたいでんしゃ」運行始まる ピンクの「タイ」に歓声

  • 0
和歌山・南海加太線で観光列車「めでたいでんしゃ」運行始まる ピンクの「タイ」に歓声

2両編成の「めでたいでんしゃ」

写真を拡大 地図を拡大

 南海電気鉄道加太線で4月29日から、観光列車「めでたいでんしゃ」の運行が始まる。運転区間は和歌山市駅から終点の加太駅まで。

動画で見る「めでたいでんしゃ」(YouTube)

 加太観光協会、磯ノ浦観光協会と共同で推進する「加太さかな線プロジェクト」の目玉企画。同地域で盛んなマダイの一本釣り漁にちなんで、大きな目玉がついたピンク色の「タイ」のラッピング電車を走らせる。

 今月28日にはお披露目会が開かれ、同社が発行する沿線情報誌「NATTS(ナッツ)」で募った50人の招待者が試乗した。到着した車両を一目見ようと加太駅には学校帰りの児童を連れた地域住民が訪れ、ピンク色の車両に「かわいい」などの声が上がっていた。

 めでたいでんしゃ第1便到着を記念し、29日は10時から「お祝いセレモニー」を開催する。先着200人にオリジナルフラッグをプレゼントし、列車の到着を祝う。列車の運行開始に合わせ、地元飲食店は新メニューの提供を開始する。「加太・鯛骨塩ラーメン」(大阪屋ひいなの湯)、「真鯛ちらし寿司」(活魚料理いなさ)、「鯛のユッケ丼」(あぶりの湯ペンションふじや)など。

 同社運輸部の石坂勝利さんは「タイの縁起物としての『めでたさ』にピンク色の『かわいらしさ』を組み合わせて、女性に親しんでもらうよう工夫した。シートやつり革など車内もタイをあしらった内装になっているので、乗っても楽しめる。子どもにも好評なので、家族旅行にもぜひ利用してほしい」と呼び掛ける。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

JR海南駅前広場で10月21日・22日、屋外マーケットイベント「ARCADE(アーケード)」が開催される。2015 年に始まり今年で3回目を迎える同イベント。コンセプトは「この街で、楽しく働く、おとな展」。駅前広場に設置する建屋と休憩スペースに、県内外から飲食店、洋品店、書店、雑貨店、植物店など約50店が軒を連ねる。開催時間は21日=11時~21時、22日=11時~18時。 ※台風接近のため22日は中止になりました。(2017年10月21日9時40分追記)
[拡大写真]

アクセスランキング