3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

和歌山・有田市の「ペットボトルの水道水」が販売本数1万6000本突破

瓶詰め炭酸水の「有田日和 しゅわっ」(左)とペットボトルの水道水「有田日和」

瓶詰め炭酸水の「有田日和 しゅわっ」(左)とペットボトルの水道水「有田日和」

  • 0

  •  

 有田市が販売している水道水「みかんの里のおくりもの 有田日和」シリーズが5月、累計販売本数1万6000本を突破した。6月1日からの水道週間を迎え販売に力を入れる。

串本町のペットボトルの水道水「なんたん水」

 同市は昨年9月、良質な水道水を市内外にPRするとともに、災害用物資として活用するために保存期限5年間の「有田日和」(500ミリリットル入り=100円)の製造・販売を始めた。初年度の生産数は1万8000本。

[広告]

 同10月には水道水を使った炭酸水「有田日和 しゅわっ」(350ミリリットル入り=100円)の販売も始めた。今年6月までに販売した本数の内訳は、「有田日和」が1万4544本、「有田日和 しゅわっ」が2280本という。

 市水道事務所の桑原伸浩さんは「有田市では地下水をくみ上げて水道水にしている。水質がよくミネラルも豊富で、ろ過のコストも安い。使用量は人口減少の影響もあり減少傾向にあるが、老朽化する水道設備のメンテナンスを行い、これからも安全な水を安定して市民に届けたい」と話す。

 和歌山県内では、串本町、高野町、橋本市がすでに、地域の水道水をペットボトルに詰めて販売・備蓄用にする取り組みを行っており、有田市ではこれらの先行事例を参考に販売を決めたという。

 市経営企画課の馬場景子さんは「水道水を販売することに不安もあったが、ボトルウオーター、炭酸水ともにかわいらしいパッケージデザインと好評。備蓄用や市外へのPRはもちろん、市民にとっても水道水を見直すきっかけになれば」と話す。

 有田市在住の40代女性は「有田市の水道水はペットボトルで売り出すだけあり、和歌山市や海南市と比べてもおいしい」と話す。

 同市内のコンビニ、スーパー、薬局など各種商店ほか、インターネットでも販売する。

Stay at Home