天気予報

26

19

みん経トピックス

和歌山城でスイセン咲き始め和城前にイタリアン新店

和歌山駅近くに石垣牛の料理店「石垣屋」 琉球をイメージ

和歌山駅近くに石垣牛の料理店「石垣屋」 琉球をイメージ

石垣牛のうま味が感じられる「石垣牛たたき」

写真を拡大 地図を拡大

 JR和歌山駅東口近くに12月10日、石垣牛を扱った料理店「石垣屋」(和歌山市太田、TEL 073-499-4601)がオープンした。

アグー豚のラフティー

 同店は和歌山インターチェンジ近くの琉球イタリアン「air(アイル)」の系列店。アイルのオーナーと、美容室オーナーで40年来の友人でもある中西力さんが共同経営する。元イタリア料理店だった物件を居抜きで利用し、内観は琉球をイメージ。店舗面積は14坪。席数はカウンター6席、テーブル席23席の計29席。

 石垣牛の子牛は黒毛和種の原牛としてほかの牛肉産地に出ていくため、現地で生育する成牛は少ない。そのほとんどは沖縄で消費されるが、同店は直接仕入れるため安定して供給できるという。中西さんは「1年以上前から牛肉の熟成などを学び、オープンを目指してきた。和歌山に石垣牛のおいしさを広げたい」と話す。

 中西さんの「お薦め」メニューは「石垣牛たたき」(1,200円)。もも肉の中心の一番いいところを使い、肉の甘味やうま味を感じることができるという。そのほか、石垣牛スジ(720円)、厚切りマンゴータン(1,200円)、アグー豚ラフティー(780円)、石垣牛のにぎり(3カン=800円、5カン=1,250円)、車エビ(小エビ)サラダ(780円)など。

 ドリンクメニューは生ビール(480円)、ハイボール各種(400円~)、焼酎各種(400円)、泡盛各種(500円)、さんぴん茶(300円)、琉球ソーダ各種(480円)など。

 「石垣牛のうま味の驚きをお客さんと共有したい。今後はもっと石垣牛を使ったメニューを増やしていければ」と意欲を見せる。

 営業時間はランチタイム=11時~14時、ディナータイム=17時30分~22時。日曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング