買う

和歌山・市堀川沿いにチョコレート専門店 笑顔あふれる店目指す

玉林園の抹茶を使ったチョコレートに黒豆を合わせたマンディアンを手にする店長の辻本穂乃華さん

玉林園の抹茶を使ったチョコレートに黒豆を合わせたマンディアンを手にする店長の辻本穂乃華さん

  •  

 チョコレート専門店「THE SMILE CHOCOLATE(ザ スマイル チョコレート)」(和歌山市卜半町、TEL 073-488-8840)が2月1日、和歌山県建築士会館1階にオープンした。経営は「スマイル」。

5種類のチョコレートそれぞれにフルーツを合わせたマンディアン

 同店は「第6回リノベーションスクール@Wakayama」で企画した事業。別物件で企画されたが同会館で実事業化した。「働く人も買いに来る人も笑顔になる店」をコンセプトに、勤務時間の融通がきき、子どもがいる主婦でも働きやすい環境を目指す。店舗面積は10坪。

[広告]

 店長の辻本穂乃華さんは、高等専門学校を卒業後、和歌山の化学メーカーに勤務。「いつかお菓子で多くの人に喜んでもらえる仕事がしたい」と考えていた辻本さんは友人の紹介で転職した。

 商品は、1854(安政元)年創業の日本茶店「玉林園」(出島)のほうじ茶と抹茶を使ったほうじ茶味と抹茶味、ビター、ミルク、ホワイトチョコレートの板チョコ「CHOCO BAR(チョコバー)」(各480円)、5種のチョコレートそれぞれに黒豆やオレンジ・メロン・イチゴ・ナッツなどを組み合わせた「MANDIAN(マンディアン)」(各260円)、パリパリのクレープ生地にチョコレートをコーディングした「PHIANTINE(フィアンティーヌ)」(各600円)、ドライフルーツとチョコレートを入れた「DRY FRUITS with CHOCO」(各980円)など(以上税別)。

 辻本さんは「来店されるお客さん一人一人のことを考えながら、子どもから大人まで、男女問わず笑顔になれる店にしたい。プレゼントから日常のお菓子まで生活の一部としてチョコレートを買いに来る店にしたい」と話す。「これからはフルーツや日本酒、酒かすなどさまざまな和歌山産食材とチョコレートのコラボ商品の開発にも力を入れたい」とも。

 営業時間は11時~19時。水曜定休。