見る・遊ぶ

和歌山市ふるさと観光大使のHYDEさんが森林公園でアジサイ植樹

森林公園でアジサイを植える尾花正啓和歌山市長(左)とHYDEさん(中央)

森林公園でアジサイを植える尾花正啓和歌山市長(左)とHYDEさん(中央)

  •  
  •  

 「和歌山市ふるさと観光大使」のHYDEさんが1月14日、「人と自然のふれあい公園 森林公園」(和歌山市深山)でアジサイの植樹を行った。

森林公園の恐竜オブジェの前に立つ尾花正啓和歌山市長(左)とHYDEさん(右)

 同園のアジサイの植樹は、関西国際空港の埋め立て造成用に土砂が採取された加太の森の保全活動を推進することを目的に、加太観光協会の呼び掛けで2007(平成19)年から毎年行っている。

[広告]

 HYDEさんによるアジサイの植樹は昨年1月、和歌山市で開催したバースデーコンサートでの「和歌山市ふるさと観光大使」委嘱時に尾花正啓和歌山市長が依頼し、その約束を実現したもの。

 当日は同園に、HYDEさんと尾花市長、市内在住の女子児童の3人が訪れ、40~50センチのアジサイの苗木を3本植えた。

 同市観光課の大谷伸吾さんは「アジサイ園には現在約6000本のアジサイを植えていて、世界一のアジサイ園に向けて毎年植樹している。HYDEさんが植えたアジサイも夏には咲くので、たくさんのアジサイの花を楽しみにお越しいただければ」と話す。