見る・遊ぶ

田辺市出身の「アロエルート」がメジャーデビュー、和歌山市で記念ライブ

和歌山市のライブハウス「本町ラグタイム」でライブするアロエルートの二人

和歌山市のライブハウス「本町ラグタイム」でライブするアロエルートの二人

  •  
  •  

 ガーデンパーク和歌山(和歌山市松江)内のCDショップ「TSUTAYA WAY ガーデンパーク和歌山店」で8月30日、フォークデュオ「アロエルート」のインストアライブが開催される。

デビューシングルとなる「プロポーズ~こい、あいやらよ~」のジャケット

 アロエルートは、和歌山県田辺市出身のフォークデュオ。2004年、高校在学時に森田哲平さんと松本そうすけさんの2人で結成。結成10周年となる今年、メジャーデビューが決定した。8月27日にメジャーファーストシングル「プロポーズ~こい、あいやらよ~」が発売となる。和歌山県南部の方言で「これ」を「こい」、「あれ」を「あい」ということから恋と愛に掛けている。

[広告]

 同店の大前孝洋さんは「和歌山県出身のアーティストがメジャーデビューするということで、店一丸となって応援をしていきたい。感動の輪を広げていきたい」と熱く語る。

 同アーティストのマネジャー・坂上裕信さんは、「アロエルートは、けがをしたときに傷を治す植物のアロエのように、聴いていただく方の心を癒やす存在でありたいと願い付けた名前。ぜひ、2人の生声を聴いて癒やされてほしい」と話す。「これをきっかけに全国デビューする2人を応援してもらえれば」とも。

 インストアライブは8月30日の13時~と15時~の2回、店内の特設ステージにて開催。観覧無料。ライブ終了後、CD購入者対象にサイン・握手会も行う。

  • はてなブックマークに追加