3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

和歌山・アロチにギョーザ専門店「オカダヤ」 自家製皮とタレ・ラー油で勝負

「いちばん高いメニューでも500円。気軽に食べにきてほしい」と店主の岡田博之さん

「いちばん高いメニューでも500円。気軽に食べにきてほしい」と店主の岡田博之さん

  • 389

  •  

 和歌山の繁華街・アロチにギョーザ専門店「オカダヤ」(和歌山市吉田、TEL 073-422-6078)がオープンして1カ月がたった。

食べやすいように小さめサイズにしたという焼ギョーザ

 元居酒屋を居抜きで借りた店舗の面積は7坪。席数はカウンター9席と座敷8席の計17席。店主の岡田博之さんが脱サラし、開業した。

[広告]

 岡田さんは「以前は中華料理店、今は居酒屋を経営する義母のギョーザが本当においしくて、その味を引き継ぎたいと思った」と話す。「飲食店勤務の経験はないが、義母の店やイベント出店などの手伝いを重ねてきた。まだまだ未熟な部分もあるが、ギョーザの味は義母にチェックしてもらっているので安心してほしい」とも。

 皮から手作りするギョーザは、食べやすさを重視して小さめにしたという。自家製のタレやラー油も用意するほか、酢とコショウに付ける食べ方も提案する。

 メニューは、焼ギョーザ(6個、300円)、揚げギョーザ(5個、300円)、どて煮(500円)、特製漬物(300円)、日替わりメニュー(小皿=300円、大皿=500円)など。漬物は30年以上受け継いできたぬか床で漬けているという。

 ドリンクメニューは生ビール、ハイボール、日本酒(以上500円)、瓶ビール(600円)、チューハイ(400円)、ウーロン茶、サイダー、オレンジジュース(以上300円)など。

 岡田さんは「15時から営業していて、付き出しもなし。ビール1杯から気軽に立ち寄って飲める場所として使ってほしい。アロチエリアも人が少なくなったと言われるが、他の飲食店とも連携して盛り上げていきたい」と意気込む。

 営業時間は、月曜~木曜=15時~24時、金曜・土曜=15時~26時。日曜定休。

Stay at Home