買う

和歌山の書店で越前屋俵太さんサイン会 秘蔵映像の試写会も

宮脇書店和歌山店の外観

宮脇書店和歌山店の外観

  •  
  •  

 和歌山市立広瀬小学校近くの「宮脇書店和歌山店」(和歌山市広瀬中ノ丁、TEL 073-422-2151)で6月4日、越前屋俵太さんがサイン会を開く。

店内で展開されている特設コーナー

 俵太さんは1961(昭和36)年生まれの55歳。大学在学時のアルバイトをきっかけにタレント活動を開始し、TV番組「笑っている場合ですよ!」、「探偵!ナイトスクープ」、「世界・ふしぎ発見」などで活躍していたが、2003年に芸能活動を休止。その後、書家「俵越山」として活動する傍ら、関西大学や仁愛大学、和歌山大学で教壇に立ち、今年1月からはラジオ番組にレギュラー出演、5月にはテレビ和歌山のトーク番組「ちゃぶ台」にゲスト出演した。

[広告]

 俵太さんは4月6日に初のエッセー「想定外を楽しむ方法」(=1,296円、KADOKAWA)を刊行。デビュー前から35年を振り返り、タレント活動やTV番組のプロデュース活動、芸能活動休止後の活動などをつづる。

 同書店経営する「ヒロカンパニー」社長の西田聡さんは「『探偵!ナイトスクープ』の初代探偵としても活躍した越前屋俵太さんと直接話ができる貴重な機会。『秘蔵映像試写会』は、私も内容を知らされていないのでどんな映像が見られるか楽しみだ。たくさんの方に参加していただければ」と話す。

 開催時間は15時~17時。参加無料。定員は先着100人。「想定外を楽しむ方法」要持参。

  • はてなブックマークに追加