食べる

和歌山・県立図書館近くに「グリーンビーンズ」2号店 焙煎機も増設

新しく導入した機械で焙煎の状態を確認する加藤明さん

新しく導入した機械で焙煎の状態を確認する加藤明さん

  •  

 和歌山県立図書館近くにコーヒー豆直売所「Green Beans(グリーンビーンズ)松ヶ丘店」(和歌山市松ヶ丘1、TEL 073-488-3884)がオープンして3カ月がたった。

鉄工所とコラボして製作した焙煎機

 グリーンビーンズ1号店は、2006年7月に太田にオープン。コーヒー豆の焙煎(ばいせん)販売所にカフェスペースを併設する。店舗面積約7坪の2号店にもカフェスペースを備える。席数はカウンター席4席、テーブル席8席の計12席。

[広告]

 同店では、注文を受けてから生豆を焙煎(ばいせん)する。店主の加藤明さんは「最近は注文に焙煎が追い付かず、来店したお客さんに1時間ぐらい待ってもらうこともあった。大きな機械は導入できないし、どうしようかと考えていたところ、知人の鉄工所で焙煎機の生産を考えていると聞き、鉄工所とコラボして焙煎機を製作した。焙煎は勘や経験など職人の要素が強いが、温度・時間・熱の加え方を設定できる焙煎機は、店独特の味を安定して出せる。焙煎中にコーヒーを入れて、お客さんとコミュニケーションが取れるのもいい」と話す。

 コーヒー豆は200グラムから販売する。松ヶ丘店では「ブラジルサントスNo.2」(100グラム=380円)、「ペルーティアラ」(同450円)、「バリアラビカ神山」(同520円)、「ブルーマウンテンNo.1」(同2,100円)、「エスメダルダゲイシャ」(同2,400円)、アイスコーヒー用の「ロブブレンド」(同460円)などをそろえる。太田店では30種以上を取り扱う。

 ドリンクメニューは「ブラジルサントスNo.2」「コロンビアスプレモ」「グァテマラSHB」「バリアラビカ神山」「モカシダモG-2」オリジナルブレンドなど7種類から選べるホットコーヒー(400円~)、カフェオレ(500円)、アイスコーヒー(450円)、アイスティー(500円)、ラズベリーソーダ(500円)など。フードメニューは、ケーキ各種(340円)、クロワッサン(400円)、シナモントースト(600円)、ミラノ風ピザ(650円)など。

 「コーヒー豆は農産物なので、その年の天候などで味が変化する。毎年サンプルを取り寄せ、吟味して仕入れるので豆の種類は毎年変わる。焙煎したての豆で入れたコーヒーの味と香りをぜひ味わってほしい。遠方の人はネット通販も活用してもらえれば」と加藤さん。

 営業時間は11時~17時。火曜・水曜定休。